現地仕入れで思うこと

物販総合研究所で中国輸入ビジネスの担当をしています、

橘 流星と申します。

 

ハロウィンシーズンが終わって、

実店舗商品の陳列がクリスマスモード一色です。

 

僕らネットを通して物販をしていますので、

クリスマスシーズンの準備はできていますか?

 

と聞かれても、

何を売ればいいかよくわからないと思います。

 

  • クリスマスツリー
  • LEDイルミネーション
  • サンタさんのコスプレ…

 

といろいろ想像すると思いますが、

 

こういう商品もちろん人気がありますし、

売れていきます。

 

そういう商品を仕入れるより、

みなさんがクリスマスプレゼントを買うために、

クリスマスプレゼント用の仕入れをしたことはありますか?

 

実はこういう商品のほうも売りやすじないかと思います。

 

例えば、

Amazonのジュエリージャンルで、

  • ネックレス
  • ピアス
  • ブレスレット

など、ノンブランドで人気が結構あります。

 

B00GYNPUWA

 

おまけにラッピングやかわいい包装箱付きなので、

さらに購買欲が注ぎます。

 

レビューを見ると、

何十件もたまっているので、

人気商品っていうのがわかりますね。

 

そういう商品はやはり中国から仕入れしてきています。

 

前回広州仕入れツアーでアクセサリー市場に行ったとき、

同じようなデザインの商品が山のようにありました。

 

しかも高品質で、

商品の仕入値がだいたい500円前後でした。

 

タオバオという手段もありますが、

高品質の商品を確かめるには、

そういうアクセサリー市場に行った方がいいですね。

 

ちょうどアクセサリー市場の隣にラッピング用品や

包装箱なども販売していますので、

一石二鳥で仕入れすることができます。

 

今年で、もう数え切れないほど広州に行ってきました。

街中で、パッと見て小さい店にしか見えないが、

実は大きいメーカーだったと、毎回驚くことばかりです。

 

 

先月10月の時、本社の葉山さんも初めて広州に来て、

宝の山です。とブログに書いてありましたが、

本当にそう思います。

 

街中全体が仕入れの街になっていて、

商品のジャンルによって、各エリアに分かれています。

 

おもちゃエリアとか、

アクセサリーエリアとか、

家電関係エリアとか

アパレルエリアとか、

 

広すぎて初心者が現地の市場に行っても得られるモノは

思い出くらいで、

何を買えばいいかわかりませんが、

それが僕らと一緒に行くメリットの一つですね。

 

同じ商品があっちこっちあって、

一体どの店がメーカーかわからないことがあると思います。

 

実は広州の街中でも、転売屋さんが結構いまして、

現地のメーカーから仕入れて、

自分の実店舗で売るケースが多いです。

商売なので、当たり前の話ですね。

 

これもいきなり行くともちろん判断ができなくて、

実際にお店の人と直接会話をしたりしないとわかりません。

 

個人のレベルが試されます。

 

まだ次のツアーがいつ開催するかはわかりませんが、

本気で中国ビジネスをされる方は来てください。

 

明日は初めて本社茨城の倉庫に行きます、楽しみです。

 

では、ザイジェーン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Entry with Audio

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Aenean commodo ligula eget dolor. Aenean massa. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Donec quam felis, ultricies nec, pellentesque eu, pretium quis, sem.

Nulla consequat massa quis enim. Donec pede justo, fringilla vel, aliquet nec, vulputate eget, arcu. In enim justo, rhoncus ut, imperdiet a, venenatis vitae, justo. Nullam dictum felis eu pede mollis pretium. Integer.

  • Donec posuere vulputate arcu.
  • Phasellus accumsan cursus velit.
  • Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia Curae;
  • Sed aliquam, nisi quis porttitor congue

さらに読む

Entry with Post Format “Video”

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Aenean commodo ligula eget dolor. Aenean massa. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Donec quam felis, ultricies nec, pellentesque eu, pretium quis, sem. Nulla consequat massa quis enim. Donec pede justo, fringilla vel, aliquet nec, vulputate eget, arcu. In enim justo, rhoncus ut, imperdiet a, venenatis vitae, justo.

Nullam dictum felis eu pede mollis pretium. Integer tincidunt. Cras dapibus. Vivamus elementum semper nisi. Aenean vulputate eleifend tellus. Aenean leo ligula, porttitor eu, consequat vitae, eleifend ac, enim. Aliquam lorem ante, dapibus in, viverra quis, feugiat a, tellus.

 

さらに読む

A small gallery

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Aenean commodo ligula eget dolor. Aenean massa. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Donec quam felis, ultricies nec, pellentesque eu, pretium quis, sem.

  • Nulla consequat massa quis enim.
  • Donec pede justo, fringilla vel, aliquet nec, vulputate eget, arcu.
  • In enim justo, rhoncus ut, imperdiet a, venenatis vitae, justo.
  • Nullam dictum felis eu pede mollis pretium. Integer tincidunt. Cras dapibus. Vivamus elementum semper nisi.

Aenean vulputate eleifend tellus. Aenean leo ligula, porttitor eu, consequat vitae, eleifend ac, enim.

さらに読む