11月からamazon手数料が変更です

こんにちは。戸部です。

amazon手数料変更ですが、
FBA納品の際の手数料がかわりました。

「FBA Manual Processing Fee」
という名前です。

たくさん納品する場合、
箱が1箱では納まらないときがありますよね。
私も1つのFBA納品プランで
14箱とか、29箱とかになることがあります。

そのようなときに、
どの箱に
どの商品が
何個

入っているのか?

を、excel形式か、tsv形式の
フォーマットに入力をして
アップロードしないと、
手数料が発生することになりました。

11〜12月は、
「1個あたり、0.15ドル」

その他の月は、
「1個あたり、0.10ドル」

という価格です。

仮に200個の商品を納品する場合、
1ドル=103円で計算して
3,090円の手数料を支払うことに
なります。

ここで、
3,090円の手数料を払って、
梱包をサクッと終わらせるか、

梱包しながら、商品をどの箱に入れたか
記録をしながら手数料が掛からないようにするか、

の2択となりますが
皆さんはどうしますか・・・?

私としては、

・SKUが多い時は手数料を払う

・SKUが少ないときは
箱毎の内容を提出して手数料なしにする

という方法を使い分けようかな、
と考えているところです。

納品プラン作成と梱包を
全て自分で行っている場合は
ポリシー変更にも柔軟に対応できますが、

代行業者や外注さんなどに依頼をしている場合は
「伝達する」
という仕事が発生します。

この辺りをスムーズにできることも
スキルの一つかもしれませんね。

 

 

ハロウィン商戦で売れていたもの

53f3cf10-343c-4c39-bcd8-b672618db881

こんにちは。戸部です。

今日はハロウィンです。

街だけでなく、
ポケモンGOも、パズドラも
レアキャラで盛り上がっているのだとか。

久々にセカイモンを見たところ
こちらも画面がハロウィン仕様になっていました。

物総研でも、ハロウィン関連商品を
輸出して販売しています。

その中でも、数年連続で売っている商品は、
少しずつライバルが増えてきて
販売価格競争が起こっていますね。

同じことを続けているだけでは
時間とともに廃れてきてしまいます。

ロングセラー商品でも、
実はリニューアルしつづけているものは多いですし、
価格競争にならないためにも
変化することは必要ですね。

しかし、価格競争に巻き込まれにくく、
市場も拡大傾向の場所があります。
それは、
eBay(イーベイ)です。

eBayは世界中の人が参加している
オークションサイトなのですが、
様々な販売形式ができます。

そして、どんなモノが売れるのか?
パターンでいうと、

・過去に売れているから売れるもの
・まだ誰も売っていないからこそ売れるもの
・中古やヴィンテージ

といった感じで、
ありとあらゆる商品が取引されています。

ハロウィン前には、
ヴィンテージのジャック・オー・ランタンや
粘土でつくった人形なんかも
高値で取引されていました。

ランタンその1
(20万円超え)

ランタンその2
(10万円超え)

粘土の人形たち
(16万円くらい)

ゴースト(140万円超え)
※見た目がグロテスクなので、苦手な方は閲覧注意してください。

eBayで商品が売れると、
Congratulations, your item sold — get ready to send!
というメールが届きます。

昨日は、
とある商品が17,000円で売れたので
8,400円で仕入れたところです。
(商品名は明かせませんが、中古品です)

順番が、売れてから仕入れる

1つの商品で価格差が結構ある

という点がポイントかと思います。

売れてから仕入れるなんて、
在庫が切れたらどうするの・・・?
と心配かもしれませんが、
そうならないような工夫をしています。

そんなeBay輸出について
明日(11月1日)〜
webセミナーで詳しく紹介をいたします。

eBay輸出入門Webセミナー

└※本セミナーは終了致しました。

セミナーは無料ですが、
日時がいくつかありますので事前予約制です。

eBayと輸出の魅力に加えて
価格差のある日本の身近な商品を
たくさん紹介したいと考えています。
是非ご覧ください。
お待ちしております。

では、Happy Halloween !

29d1edf7-cbd3-46ad-9550-87bd063340f0

輸出webセミナーを開催します

こんにちは。戸部です。

最近、取引したお客様の国は
米国が最も多いのですが、
先週〜今週にかけて
カナダ、ロシア、イスラエル、マレーシアなどにも
商品を送りました。

ほぼ毎日、なにか売れては
仕入れ&発送をしています。

(これを書いている最中にも、1件売れました・・・)

大陸を超えての取引ですが、
インターネットがあれば
個人で、自宅で
地球規模で取引できるって
すごいことですよね。

恵まれた時代(しかも日本)に
生まれたものです。

このメルマガを以前より読んで下さっている方は
おわかりかと思いますが、
世界と取引するために
eBay(イーベイ)というプラットフォームを
利用しています。

ちなみに、イーベイって
e=eコマース
ではなくて、
元々はコンサルティング会社の
Echo Bay Technology Group社
の略なんです。

1997年から、
eBayという名前になりましたので
eBayとなってから
19年目になるのですね。

ちなみにAmazonは1994年〜
今でこそ当たり前ですが
当時、ネットで本が買えると
話題になりましたね。

eBayには
日本人セラーがちらほら存在しますが、
6-7年前は
数えられるほどしか見当たりませんでした。
積極的に活動している日本人セラーは
ほんの100人前後だったと思います。

そんなeBayについて
来週、webセミナーを行います。
初回は11月1日(火) 14:00〜 21:00〜
です。

計6回の日程を予定しておりますので
輸出やeBayについて
ご興味ある方は、
こちらのフォームから
ご希望の日程を選択していただき、
セミナーを視聴ください。

東京、大阪などの会場でのセミナーは
遠かったり、ご都合つかなかった皆さんも
今回はwebですので
ご自宅でご覧いただけるかと思います。

セミナーでは、
eBayと輸出の魅力に加えて
価格差のある商品事例を
たくさん紹介したいと考えています。

こんな商品が?

というものも幅広く選びたいと思いますので、
eBayの世界がどんなものなのか、
楽しみにしていてください。

輸出入門webセミナー

よろしくお願いします。

メルカリのNEWアプリ「アッテ」をDLしてみた

こんにちは小林エリザです。

 

 

メルカリから姉妹アプリが

登場との事で

早速ダウンロードしてみました。

 

スクリーンショット 2016-10-26 18.17.19

 

12/15までにDLすると

メルカリにポイントが

貰えるようです。

 

※現在メルカリアプリを

DLしているかたのみ

 

 

 

そしてその内容は

「地域コミュニティ」に

特化した売買サービス

との事です。

 

 

つまり、売りたい商品があり

例えばソファーなど

大きいし配送料がかかる商品を

取りに来てくれる

近所の人に売る

と言った内容です。

 

 

取りに来てくれれば

安く譲れるので

便利ですよね。

 

 

その他、

バイトしてくれる人を

探したり、

仲間募集も出来るようです。

 

 

単価の安い大きな商品は

梱包料や配送料もかかるので

メルカリよりも「アッテ」を

利用したほうが

お互いWinWinですよね。

 

 

ちなみに、「アッテ」を

見ていて衝撃だったのが

こちら

 

 

猫。。。

 

スクリーンショット 2016-10-26 17.37.46

 

でもこちら無料なので

里親募集的な感じですね。

 

スクリーンショット 2016-10-26 17.38.13

こんな使い方も出来るとは

と思っちゃいました。

 

 

ちなみに、

手数料完全無料

とのことです。

 

 

メルカリを買い付け先に

利用している方は

「アッテ」はさらに安く

掘り出し物が見つかりそうです^-^

 

 

ファッション商品の

販売も出来ますので、

ぜひ使ってみてください!

 

それではまた!

 

 

広州の買い付け場所公開します(地図付き)

こんにちは

桑田です。

 

日本はすっかり秋らしくなりました。

鍋の季節がやってきました。

 

しかし中国ではまだまだ気温は30度くらいになります。

 

今日は、桑田が10年以上

愛用している広州の街を案内します。

 

永久保存版なので

もし中国に行くことがあれば

プリントして持って行ってください。

 

街の案内といっても

観光スポットではありません。

 

当然、中国輸入ビジネスのための地図です。

今回この地図を作るのにはちょっと抵抗がありました。

と言いますのも

広州の街を通訳兼アテンドということをして

生計を立てている方がいるので

これを広く公表してしまうとお仕事がなくなってしまいます。

 

ただ、考えたのですが

この地図はあくまでどこに行けばなにがし入れられるという

漠然としたものです。

結局は行った人が商品を目利きして

しっかりリサーチをした場合でなければ

儲かりません。

アテンドを雇う場合も

結局は仕入れは自己責任なので

案内をしてもらって

あとは通訳をしてもらっているだけ。

なので、通訳は無くならないから

お仕事の邪魔をしたことにはならないのでは?

と考えました。

 

今回配布する地図は

タクシーの運転手に見せてもわかるように

地名や場所名は中国語にしています。

 

あとは、現地に到着すれば

色々な建物がありお店がひしめき合っていますので

じっくり探してみましょう。

 

それでは、

以下からダウンロードしてください。

広州卸売市場地図

実は、

中国で無料で通訳をしてもらう方法や

パートナーそ探す方法があります。

パートナーを育てて自分の専属にしてしまい

大きなビジネスに発展させる方法もあります。

これは次回公開いたします。

 

今週末は、弊社の藤谷さんがワークショップ形式のセミナーをします。

無料ですので是非参加してみてください。

無料で現地通訳兼パートナーの探し方を伝授しておきますので

藤谷さんに聞いてください。

10月中国輸入リサーチ効率化ワークショップ

追伸

明後日より中国に行ってきます。

また新たな情報を仕入れてきます!

物販に便利なエクセル関数

こんにちは。輸出担当の戸部です。

エクセルは使っていますか。
便利ですよね。
もはや、なくてはならない存在です。

マクロやプログラムは
できなくても、
ちょっとした関数を使えば
日々の作業が楽になります。

輸出では
英語ができるに越したことはないですが
エクセルが使えると
輸出以外のネット物販でも
何かと役立ちます。

今日は、私がよく使う
関数をいくつか紹介します。

VLOOKUP

EXACT

CONCATENATE

使用する場面は、価格を決めたり
大量出品や一括編集を行うときに出番が多いですね。

軽く特徴を記載します。

VLOOKUP

指定された範囲の左端の列で特定の値を検索し、
範囲内の対応するセルの値を返します。

比較する値がデータの左端の列にあり、
その位置から指定された列だけ右にある値を取り出します。

ポイントは完全一致か部分一致かを指定することです。

大量のASINからデータを取り出したいときなどは、
完全一致にしたいので
検索の型をFALSEとします。

EXACT

2つの文字列を比較して同じであればTRUE 、
そうでなければ FALSE を返します。

こちらは、比較するときに使います。
私はミスがないかチェックしたい時に用いています。

ポイントは、大文字と小文字も見分けられる点です。
もし大文字と小文字は同じと判断したいときは、

UPPER(大文字)
LOWER(小文字)
を間に入れて大小を統一してから
EXACTすればOKです。

例: =EXACT(UPPER(セル名),UPPER(セル名))
とすれば、大文字に統一してから比較ができますね。

CONCATENATE

複数の文字列を結合して 1 つの文字列にまとめます。

例えば、物総研では
輸出の商品SKUは
頭に「E」と付けるようにしています。

そうすることで、どの部門の在庫か
わかるようになるからです。

このような場合、
手動で全部「E」と入れるのは手間なので

CONCATENATE (“E”,セル名)
とします。

そうすると、セル名に入っている文字の頭に
Eがついたデータが作れます。

あとはIF文の中に上記関数を入れ込んだりして
より使いやすく改良します。

どこか1点でも
役に立ちそうな例があったら使ってみて下さい。

関数は他にもたくさんありますので、
もし、何かで困っている方は聞いてくださいね。