広州展示会の収穫!

皆さん、こんばんは。
物販総合研究所で中国輸入ビジネスの担当をしています、
橘 流星です。

先週より広州交易会の第1期がスタートしました。
第1期は合計20人の方と一緒に
展示会場を見て、仕入れてきました。

IMG_3726

他の外国の方は前もって、
到着したんでしょうか。
今回のイミグレーションは人がほとんどいなくて、
5分くらいで、全員通過しました。

まだまだ4月ですが、
それにしても広州は蒸し暑いですね。
短パン・Tシャツでツアー回った方が一番いいかもしれないです。

ツアーの初日は、
街中買い付けより先に展示会に行ってきました。

相変わらず来場者の人数で圧倒されますね。
展示会会場に来ると、
ここは一体中国でしょうかというくらい、
世界各地のバイヤーたちがいます。

今回はいつもより日本人が多く、
メーカーと商談している風景をよく見かけました。

大手企業来るのはもちろん、
個人の方も結構来ていましたね。

個人で交易会初参加では、
雰囲気や会場の人の多さに圧倒され、
何を見ればいいか、

どの商品が流行るか、
よくわからないと思います。

コツとしては、
展示会会場でよく人が多く
集まっているブースを見ることですね。

展示会に来る人のバイヤーですから、
何か目新しいものを探しています。
特に全世界のバイヤーが広州交易会に集中しているので、
ハイレベルのバイヤーたちがたくさんいます。

そのバイヤーたちがよく集まるブースに行けば、
これから流行るのであろうという商品が展示しています。

世界のマーケットとして考えると、
日本のマーケットに限らず、
輸出もできちゃうということです。

アイフォンも同じ原理ですが、
日本だけアイフォンが売れるのではなく、
全世界で売れちゃうのです。

流行りの商品ですね。

ただ、中国輸入ビジネスを聞くと、
雑貨用品など、
単価の安い商品というイメージがわくと思います。

実は、
日本で販売されている商品の8割以上が中国商品なんです。

裏を見ればわかると思いますが、
ほとんどの商品のパッケージの裏が
Made in China って書いてありますよね。

そういう商品は
日本企業が中国で生産さして、
パッケージを日本語パッケージに変更し、
日本語説明書に変えたりしているから、
あんまりわからないのです。

中国は世界の工場で、
全世界からオーダーをもらっているので、
トレンドはどこよりも先に分かっちゃうのです。

必然的に流行りの商品が展示会に展示されます。
なので、今年流行りの商品はここから出てきます。

展示会で気になった商品を紹介します。

IMG_3710

例えば、金庫。
いま金庫は飛ぶように売れています。
ただ、普通の金庫を売ってもいいですが、
インテリアのような金庫を売ると、
もっと市場があるかもしれません。

金庫でも部屋の雰囲気に
合わせれる金庫の方がよさそうじゃないでしょうか。

IMG_3717

ライト関係も日本市場では、
デザインが少なく、
どれも似たり寄ったりします。

デザイナーライトだと、
売価が高く、一般消費者にはなかなか出せない値段。
中国で仕入れるライトはデザインが良く、
輸出に慣れているメーカーが多く、
PSEマークの認証も持っているので、
日本仕様のコンセントやワット数、
日本規格に変えてくれます。

IMG_3708

あとはアウトドア用の防水リュックもありました。
品質や機能性はかなり良くできていて、
オリジナルロゴや色の組み合わせも
カスタマイズができますから、
OEMでオリジナルの独自商品が作れます。

中国から仕入れる流行りの商品が
日本の市場で販売しつつ、
後々はeBay、
米国アマゾンなどから
売ってもいいですよね。

リードエクスプレスを使えば、
中国から仕入れして、
日本を経由せずに、
中国から直接米国アマゾンFBA倉庫に納品ができるので、
かなり便利です。

収入源がもう一つ増えると嬉しいですよね。
特に米国アマゾンの市場規模は
日本アマゾンの10倍以上ですから、
一つ流行り商品でも当たれば、
長く安定して売り続けることができます。

ということで、
中国輸入ビジネスをされているからは
ぜひ広州交易会に行ってみてください。

現地買付け内容はまたメルマガにて、
シェアします。

アクセスが伸び悩んでいる方へのおすすめ

こんにちは。

 

今日は、アクセスが伸び悩んでいる方へ
おすすめのリサーチ方法を
ご紹介します。

 

スクリーンショット 2016-04-22 17.15.04

 

BUYMAのセールスガイドは
ご存知でしょうか?

(BUYMA上の↓のバナーから入ることが可能です。)

 

スクリーンショット 2016-04-22 17.07.30

スクリーンショット 2016-04-22 16.53.55

 

ここには様々な販促に関する
情報が掲載されています。

 

ここに掲載されているクーポンや
特集に合わせて出品をすることで
自身のアカウントへ
集客を行うことが可能です。

 

今1番上に掲載されているのは
「夏!サーフ!!大人気サーフ特集をリリース★」
となっており、5/2からとのこと。

 

では、具体的にどのように活用するのかですが、

まずここに掲載されている
サーフブランド特集ページを確認して下さい。

 

こちら

 

ここに掲載されているブランドの
出品をすることが必要となります。

 

一つ一つブランドのURLを確認して
日本へ直送が可能かどうか
(転送業者を使用されている方は別)
を確認してください。

 

また、ブランドの直営Website以外でも
このようなWebsiteでも購入が可能です。

例えばこちら

 

 

以前私が買付けをしていたWebsiteで
オーストラリアのものです。

 

このブランド一覧の中に
DEUS EX MACHINA
TCSS

もあります。

 

もちろん日本へも発送が可能です。

 

ここは、サーフ系だけでなく
今人気の時計
The Horseや、
カジュアルブランドminkpink
Cameo, Nudie Jeans
Nikeやadidas
も購入が可能です。

 

 

ブランドのWebsiteで売り切れの時に
surfstichで在庫がある時もあるので
以外に穴場だったりします。

 

こういうWebsiteは
たくさん存在していますので
ぜひ活用下さい。

 

さて、2つ目の特集ですが
5/9よりマイケル・コース特集が
組まれるとのこと。

 

仕入れが可能な方はぜひ
出品をしてみてください。

Bagだけではなく、
サンダルやお財布も
アクセスが見込めますので
海外の買付けサイトを見つけられれば
優位に立てます。

 

海外のWebsiteの見つけ方は
いくつか過去のメルマガでも
ご紹介しています。

 

一番簡単な方法は画像検索。
次は型番検索ですね。

 

それでヒットするものがあれば
買い付け可能かどうか
直送してくれるかどうか
リサーチしてみてください。

 

それでは
Have a nice weekend!

モバイルで購入されやすい商品ジャンル

こんにちは。輸出担当の戸部です。

先日、eBayの2016春期セラー・アップデート

説明会に参加してきました。

これは法人向けの説明会となり、

大阪、東京などで開催される、イーベイ主催のイベントです。

今、当所の輸出チームは

結束力が抜群なので、

リサーチや出品に時間を費やしたいところ。

間際まで行くかどうか迷ったのですが、

チームワークが上手くいっているからこそ

任せて安心、

最新の情報を得て共有しようと思い

さくっと行ってきました。

まず、2015年のマーケット状況について。

商品点数は、約8億点。

アクティブバイヤーは、1.62億人。

(年1回以上購入)

年間取引高は、820億ドル(約10兆円)

80%が固定価格出品。

売上の20%が越境セラー。

ということでした。

そして、春期アップデートの内容は

webでご覧ください、という

お決まりの説明でしたが、

動向について感じたところは、

「モバイル」に力を入れている

という点です。

eBayの商品は、

モバイルからのアクセスが

売上ベースで 「40%」あるとのこと。

40%を妥当と思うか、

多い/少ないと思うかは

人それぞれですが、

私は「多い」と思いました。

平成生まれの若者や

モバイルでの買い物に慣れている方であれば

少ない、と思うのかもしれません。

面白いのは、

商品ジャンルによって

PCとモバイル

どちらからの購入が多いか、

違ってくることです。

例えば、

Clothing, Shoes & Accessoriesカテゴリは

55%がモバイル購入。

Babyカテゴリは57%がモバイル。

Cameras & Photo

25%がモバイル。

Collectibles

40%がモバイル。

Video Games & Consoles

46%がモバイル。

という具合です。

過半数を超えるかどうかが

指標になってきているようでした。

Cameras & Photo

のモバイル率が25%と低いことが

着目できますね。

商品単価が高いほど、PCでじっくり選ぶ

購入者の年齢層が高いほど、PCが多い

商品が年代物、アンティークやコレクション、

ゲーム機であれば廃盤モノは

PC率が高い

ということが想定できますね。

今後は、eBay出品ページの

商品説明が

モバイルでも読みやすいか、

JavaやFlashなどで重くないか、

GTIN, MPNなどの商品情報を

 正確に入れているか、

などといった点が

モバイルでの上位表示や

検索エンジンの最適化に

影響されてくるのでは、と推測できます。

時代とともに、

プラットホームのルールや方向性も変わってきますので

情報は継続的に入手していきたいです。

そして、eBay出品をされている方は、

自分の出品した商品が

モバイルでどのように表示されるか?

ぜひ見てみてください!