パリ買付けレポート2

こんにちは、

小林エリザです。

 

パリ買付けレポート2です。

 

ツアーのメンバーと合流し

1日目は街中買付けに行きました。

 

IMG_20160715_195053

 

今回は特別にフランス在住の

Yoshiさんというステキな

講師をお招きし、

街中ブランド仕入れについて

色々と教えて頂きました。

 

IMG_20160716_100914

 

Yoshiさんは様々なブティックと

コネクションがあり、

ハイブランドショップへ行くと

知り合いの定員さん達と

お話をしていました。

 

この日行ったのが

プランタン(ルブタン)

ギャラリー・ラファイエット

(セリーヌ、サンローラン)

Merci(マレ地区)

シャネル、バレンシアガ

セリーヌ本店など

 

まず、

プランタンとラファイエット

の仕入れについて。

 

デパートですので、

様々なブランドが入っています。

 

IMG_20160716_100932

IMG_20160716_110846

 

私たちは先に

リサーチをして来ているので

お目当ての商品を

それぞれ物色していました。

 

一番初めにいったのが

ルブタンで、

ここでのお目当ては

皆財布でした。

 

BUYMAでよく見るお財布は

もうすでに売り切れていて

在庫がなく

小さいサイズのお財布のみ

GET出来ました。

 

IMG_20160716_100057

 

でも数があまりありませんでしたね。

 

今回はツアーの人数も多く、

みんな同じような商品を

狙っていましたので

じゃんけんで勝った人から

購入するという

楽しい仕入れでした。

 

 

まずほしい商品が見つかったら

在庫がいくつあるのか

または、いくつ買いたいのか伝えます。

 

そして在庫を調べてもらいます。

 

殆どのお店が数個しか

在庫がない場合が多いので、

次いつ入荷するのか

聞く必要があります。

 

なので、滞在日数は

少なくとも3日

あると大体の商品が

買付けられます。

 

そして購入後、

免税手続きをするために

書類または、レシートをもらいます。

 

IMG_20160718_184547

 

ブティックの場合には

その店舗の会計時に

免税手続きを済ませますが、

プランタンやラファイエットの様に

デパートの場合には、

それぞれのお店の会計時ではなく

免税カウンターへ

レシートを持参し

免税手続きをします。

 

プランタンは機械があり

そこで自分で行い

スタンプを押してもらいます。

 

 

IMG_20160718_185446

ラファイエットの日本人カウンター

 

IMG_20160716_104703

ラファイエットの天井は

ステキなステンドグラスです♪

 

 

ラファイエットは

日本人カウンターがあるので

そちらへ行って

手続きをしてもらいます。

 

その際に、クレジットカードへ

返金してもらうか

現金で返金するのかを選べます。

 

 

上記の書類は後ほど

空港で「パブロ」という機械に

バーコードをかざし

問題がなければ

免税手続きが完了します。

※日本語対応あり

 

問題があった場合には

画面が赤くなり、

カウンターへ行って下さいと

指示があります。

 

IMG_20160719_120654

 

シャルル・ド・ゴール空港では

すぐにカウンターが隣にあり

パスポートと搭乗券

書類を見せるだけでOKでした。

 

スーツケースに

その商品が入っているのか

聞かれましたが、

 

その場で荷物を見せるように

言われなかったので

キレイに荷物を詰めた後でしたので

とても助かりました。

※見せるように言われる場合もあります。

 

 

さて、話は戻り

 

ランチの後に寄ったMERCI。

カフェ併設のセレクトショップです。

 

IMG_20160716_141258

IMG_20160716_142106

IMG_20160716_142135

 

オシャレな雑貨が並んでいて

BUYMAでも出品者がいます。

 

 

その後、シャネルへ行きそして

セリーヌ本店でYOSHIさんから

聞いた話がありました。

 

今までは個数制限などをしていたり

あまり売ってくれない事もあったそうです。

(売らないようにしていた)

でも最近ではテロの影響で

観光客も減り

売上も少ないようなのです。

 

 

私たちは出来るだけ同じ商品を

出来るだけ数多く購入したかった為

 

今そこにあるだけの在庫を

出してくれたのが

とてもありがたかったです。

 

 

おかげでみなさんセリーヌで

たくさんお買い物が出来ました。

 

シャネルではそうも行かず

2個までなど個数制限がありました。
IMG_20160716_155907

 

バレンシアガでは

あの大人気のトートもありました。

 

スクリーンショット 2016-07-20 19.10.59

これ。

 

でもこのトートは

店頭に並べていないので、

店員さんに聞いて

出してもらう必要があります。

 

 

1日目をまわって

わかったことは、

今回SOLDESセールの為に

パリへ行ったわけですが

 

ブランドの定番商品は

決して安くならない

という事がわかりました。

 

いつでも値崩れしないので

長く高く売れるわけなんですね。

 

セールでなくても

十分利益が出る商品が

本当にたくさんあって

 

参加者さんたちは

スーツケースをパンパンにして

いました。

※2個スーツケースパンパンの方もいました。。。

 

src_21292525

※イメージ画像

 

ではいったい何がSOLDESなのか。

 

ブランドでは定番商品の他に

季節商品があります。

 

洋服や靴は特にですが、

そのシーズンに

売り切る必要があります。

 

ですので、ハイブランドの

定番バッグや財布は安くなりませんが、

服や靴は半額以下で

購入されていた方がいました。

 

 

街中1日目

たくさんの事を学んで

充実した仕入れとなりました!

 

次回は2日目の

アウトレットのレポートです。

 

それでは!

 

 

 

 

話題のポケモンGOでリサーチしてみました

こんにちは。戸部です。

ポケモンGOが話題なので
eBayで調べてみました。

まず、目につくのはこちらの商品です。

「Pokemon GO Plus Bracelet」

pokemon go

Bluetooth搭載のブレスレットです。
これがあれば、スマホを見続けなくても
ランプでお知らせしてくれるグッズのようです。

しかも、1個ではなく
ロット売りもバンバン売れています。

eBay落札相場は
1個 $190〜$250 くらい

ちなみに定価は
$34.99米ドル

7月末発売予定ですが
eBayでは、30日以内に発送できれば
販売してOKです。

そして、
「Pokemon GO account」
も売れています。

pokemon go level 20

こちらは、
数十ドル〜$5000までの販売実績がありました。

Levelやキャラによって相場が変わります。

売られているのは、
今のところLevel 22がMAXのようでした。

売り目的で
ゲームする人もいるんですね。

日本リリースは、今日か、明日かと
言われていますが

これだけ話題性があるので
これから、年末商戦に向けて
関連商品がリリースされるであろうと
予想できます。

目玉商品はどれか、
見逃さないでいきましょう。

パリ買付けレポート1

こんにちは、小林エリザです。

 

パリに到着し、

街中を歩き回っています。

 

IMG_20160714_190309

 

IMG_20160714_202320

 

到着した日は

「パリ際」当日で

エッフェル塔の所で

花火が上がりました。

 

 

たくさんの人が集まっていたので

テロの心配がありましたが、

警察もたくさんいて

チェックが厳しかったので

パリでは無事に過ごせました。

 

 

街中では「SOLDE」一色で

お店のウインドゥは

全てこんな感じでした。

 

IMG_20160714_190114

IMG_20160714_190101

 

また、大体のお店が

入り口にセキュリティーがいるので

荷物チェックをされます。

 

これもテロ対策ですね。。

 

そして

ブランドショップだらけですね。

 

ゴヤールの店舗をはじめて見たので

イメージと違っていて

本当にゴヤールかわからず

入り口のセキュリティーに

聞いてしまいました。

 

IMG_20160715_164458

 

Bagが置いてある店舗の方は

入店制限でお店の前に

列ができていました。

 

その為

時間がなくて入れず・・・

明日、ギャラリー・ラファイエットで

見てきたいと思います。

 

歩いていて思ったのは

日本人が凄く多いっ!

 

10分毎くらいにスレ違います。。

 

円高だからなのか、

旅行者も多いし

住んでいる方もよく見かけます。

 

 

そしてその

ギャラリーラファイエットの

前を通った時に

お店の中で長蛇の列が見えました。

 

確かめたくて中に入ると

それは

 

Taxリターンの列でした。。。

 

しかもほぼ中国の方で、

相当お買い物をされていました。

 

さすがですね。。

 

 

明日は、私達も負けずに

買い物をしてきたいと思います!

 

IMG_20160715_162211

IMG_20160715_144346

最後に、

パリで日本の本屋さんを発見しました。

 

「ジュンク堂」

 

中を見ると

 

ランドセルがありました。

 

噂通り

パリでは売れるんですね

ランドセル。

 

IMG_20160715_163040

 

A bientôt !

 

Amazon輸出ミニレポートを販売します

こんにちは。戸部です。

昨日はアメリカAmazonの
salesランキングが数時間消えるという
現象がありましたが
今日は今まで通り表示されていますね。

さて、昨年より本メルマガで
無料レポート4種類を
公開させていただいたのですが

各々、250名以上の方に
送付させていただきました。

どのようなレポートだったかと言いますと、

11月
eBayのSold listings 3点+見つけた経緯付き

12月
-1 輸出で価格差のある商品を3点+見つけた経緯付き
-2 輸出ビジネス各販路と稼ぎ方についてのコメント

1月
Amazon内広告について

2月
eBay輸出で価格差のある商品を5点+見つけたキーワード付き

という内容でした。

そして、5月には
eBay輸出のミニレポートを発売したところ
こちら有料にも関わらず
数十名の方に購入していただきました。

今月は、
Amazon輸出のレポートをご用意しました。

今回の内容は、

「Amazon輸出リサーチを行うときの
便利な拡張ツール3つ(設定方法の説明付き)
+おすすめのサイト&ツール」

です。

Amazon輸出のリサーチは、
各国アマゾンを行き来したり
ASINコードで検索したり
ランキング動向を見たり
と地道ですが、

ブラウザはgoogle chromeを使用して
拡張機能を入れることで
効率化することができます。

物総研でも、様々なチームが
物販をおこなっていますが
お互いに使っている拡張機能を紹介しあっては
より自分が使いやすいように
カスタマイズしています。

Amazonリサーチを効率化したいとお考えの方は
レポートをご覧いただけましたら幸いです。

「Amazon輸出レポート1607」
(全17ページ、表紙と巻末を除くと15ページ)

【内容】
Amazon輸出リサーチを行うときの
便利な拡張ツール3つ(設定方法の説明付き)
+おすすめのサイト&ツール

価格は2980円です。

PayPalの方

銀行振込の方

eBayレポートも継続して発売しています。

「eBay輸出レポート1605」
(全13ページ、表紙と巻末を除くと11ページ)

【内容】
発送除外国の設定方法と事例
Best offerが実際いくらで落札されたのか調べる方法

こちらは1980円です。

PayPalの方(eBay輸出レポート)

銀行振込の方(eBay輸出レポート)

月一レポートはじめ、
また何らかの企画を考えていきたいと思いますので
今後とも、よろしくお願いいたします。

まだ行動できない人、最後のチャンスかも!!!

こんばんは!

桑田です。

 

今日は緊急でお知らせがあります。

 

冒頭から先にお話ししますが、

ものごっつい案件です!

 

「30万円の資金を2ヶ月で60万円以上にします。」

モニター募集はこちらから。

 

物販総合研究所の

萬田さんの発案なのですが

ヤフオクを使って

あなたの資金を増やします!

という案件です。

 

私桑田も実際今現在は

オートマスタークラブという

アマゾンと中国輸入とを絡めて

あなたの資金を増やします!

といことをしていまして

事実上かなり反響があり

急遽、人員を増加させたり

中国側の体制を強化したりと

無謀な挑戦をしていました。

そこはなんとかなったのですが

人海戦術が主な戦略でして

物販総合研究所の

優秀な人材が日々コツコツと

作業しているものを

皆さんに提供するものでした。

 

しかし!ここに来て!

まさかの萬田式!

ヤフオクでもやってやるぜー!!

と萬田さんの

恐ろしい意気込みを

今日のメルマガで知ってしまったので

ここで紹介します。

 

メルマガで知ってしまったというのは

私桑田は

今週は今日まで

風邪?インフルエンザ?ヘルパンギーナ?

よくわからないのですが

ずっと寝込んでおりました。

病院に行ったんですけどねぇ〜

 

病院の待合人数が多すぎて

待つことを諦めて

帰ってしまいました。

なので原因不明ですが

今日は熱も下がり

多少動けます。

 

そのため、

茨城県の倉庫にサンプルが届いているということで

朝5時に起きて電車に乗って

確認のために行ってきました。

理想とはかけ離れたサンプルが届いており(泣)

精神的にやられました。

 

また、10月の展示会に一緒に出展するお客さんと

商品の組み立てを一緒に行い(これは楽しい)

汗だくでテンションが上がり

その後、

エアコンで全身が冷え切り

体調不良がぶり返す!

という最悪の事態です。

 

フラフラになり(電車で2時間)

帰ってきてパソコンを開き

メールチェックすると

まさかの

「萬田式のモニター募集」

おそらく、

明日発表の予定が

何かの間違いで

今日になっていたのだと思います。

 

メルマガの書き出しが

「おはようございます」

となっていました。

 

まぁ、これはいいとして

すでにお問い合わせがかなり来ていました。

(私のメールフォームには全ての

メールが届きますのでわかってしまします)

 

すでにやる気満々の方々が多いので

今日発表されたのなら

今日公表しなければ後からが不公平になりますので

体に鞭を打ってお知らせしますね。

 

定員は10名なので

明日公表しようが

今日公表しようが

おそらく関係ないです。

 

30万円の予算があって

10万円の手数料が払えるのであれば

やってみてもいいと思います。

 

ヤフオクはアマゾンや楽天に比べ

入金サイクルがかなり早いです。

早ければ翌日なので。

 

30万円を60万円に増やして

ウハウハ人生を過ごすぞ〜〜〜!!

っていうより

今はガラ空きのヤフオクで

ネット物販の可能性を体験したい!!!!!!

という方が向いてると思います。

 

実は、桑田もヤフオク出身なので

この資金回収の速さはよく知っています。

また、ヤフオクの良いところ悪いところも

おそらく誰よりも熟知しています。

10年前にヤフオクに出会わなければ

今の桑田はありません。

(今はアマゾンかもしれませんねww)

 

桑田としては、

今はネット物販全体に関わっていますが

ヤフオクはネット物販の歴史の中でも

基本中の基本なので

ぜひ!

応募してみてください。

「萬田式のモニター募集」

 

 

P.S

いや〜〜

今日は急な案件でビビりました!

メルマガ書く予定はなく

マニュアルを作ったり

ブランディングの案件を

まとめようと思いましたが

まさかの。。。

 

未だ本調子ではないので

明日は会社に行くかどうかは

迷っています、、、、

 

というか、

ネット環境とパソコンがあれば

なんとかなるものなんですね笑笑

まさかの事態 Amazonランキングが消えました

こんにちは。戸部です。

今朝、(おそらく9時台かな)
米国Amazonの
salesランキングが消えました。

船原さんに
ランキング見えてます〜?

と聞かれて
気付きました。

その数分後、ツール開発されている方からも
連絡があり、
突然消えましたね、という話をしました。

APIからもデータが取れないようでした。

そこで、各国アマゾンを
一通りチェックしてみたところ、

com以外の各国アマゾン

日本
カナダ
イギリス
ドイツ
イタリア
スペイン
フランス

これらの国のベストセラーランキングは
表示されています。

また、
Amazonのセラーセントラル
「Add a Product」
から出品してみたところ、
やはり昨日まで表示されていた
「Amazon Sales Rank」

今日は消えていました。

2016-07-14 sales rank

今まで、ランキングを指標にして
仕入れをしていた方は

今後の仕入れ条件を見直す必要がありますね。

最も確実なのは在庫数の変動を追って
売れた数を把握すること
ですかね。

と、ここまで書いた矢先・・・。
なんとランキング表示が復活しました。(12時頃)

一時的な不具合というよりは、
切り替え作業中のような雰囲気がするのは
私だけでしょうか。

ちょうど昨日、
Amazon輸出レポートが完成しまして
本日から販売開始しようと思っていたのですが・・・

改良が必要かどうか、少し様子を見てから
近日発売できるようにしたいと思います。

というわけで
今日は、取り急ぎのメルマガでした。

パリへ行ってきます。

こんにちは、小林エリザです。

 

今からパリへ移動のため

成田空港に向かっています。

 

 

今回はなんと8名のご参加で

私を入れて9名と

人数が多いので

少々心配しています。。

 

 

パリといえばステキな風景

オシャレな人々

美味しいフランス料理

などいいことばかりが

一般的なイメージですが

 

 

実際は格差もあるし

オシャレではない人もたくさんいるし

残念ながら料理がおいしくないのが

実情のようです。。

 

 

そして

かなり気をつけなくてはいけないのが

スリです。

 

日本はとても平和で

すっかりこの平和な世界で

落ち着いてしまっていると

痛い目にあいます。

 

日本人はスキが多く

狙われやすいので

常に気をつけなくてはなりません。

 

今回はブランド物を買い付けるので

なおさらです。

 

 

ブランドを購入して

その紙袋をもったまま

ウロウロしていると

 

狙われてしまうので

そのあたりも気をつけて

買付けをすることになります。

 

 

在住の方は慣れているので

ブランドの紙袋から

別の袋に入れ替えるなど

工夫して買付けを行っているようです。

 

色々苦労があるんですね。。

 

 

みなさんがパリへ行った際に

安全に買付けが出来るかどうか

試してきたいと思います。

 

 

もちろん美味しい料理も探してきます。

 

 

今回行くのがパリの街中

アウトレット

ルイ・ヴィトン財団美術館

などです。

 

 

その他、Merciにも

行こうと思っています。

 

 

色々と写真も取って

リポートしようと

思っていますので

ぜひ楽しみにお待ち下さい。

 

それではまた!

 

eBay輸出にパソコンは必要か?

こんにちは。戸部です。

今週、
2月のeBayスタートアップセミナーに
来てくれた生徒さんから

商品が売れました
という報告をいただきました。

この方の凄い点があるので
一部紹介したいと思います。

まず、パソコンを買うところから
スタートされました。

セミナー休憩時間の度に
質問に来てくれまして、

一番最初の質問は
「パソコンって必要ですか?」
でした。

その時は、

落札のみなら
モバイルでもいけるが、
出品する場合は
パソコンはあった方がいい、
モバイルだと時間がかかる

とお答えしました。

また、
どういう経緯でセミナーに来たのか
聞いてみたところ、

誰かのメルマガをスマホで読んで
eBay輸出をやってみようかな、と思って
きました、とのお話でした。

スマホを見せてもらったところ
船原さんのメルマガでした。

その後、パソコンを購入し
PayPalとeBayアカウントを取得、

国際郵便マイページにも
登録をして
5〜6月頃に
出品方法を少しずつマスターしました。

売れた後は
プリンタを持っていないとのことで
国際eパケットの送り状は
コンビニで印刷することに
しました。

順番はどうであれ、
興味を持ったことを
やってみる姿勢がいいですよね。

ここで
ふと思ったのですが、

eBayは最近
モバイルに力を入れているので、
パソコンやプリンタがなくても
eBay輸出が完結できるかも、
ということです。

メルカリほど簡単ではなくても
もっと気軽に出品できたら
いいですよね。

私はまだ、
モバイルから出品をしたことはないのですが
動画を視聴しました。

eBayモバイルからの出品

3分弱の動画です。
4ステップあり、以下に概要を書きます。

step 1:
show off your item
撮影
商品バーコードスキャン

step 2:
write description
説明文を記載
カテゴリ選択、タイトル入力

step 3:
set your price
販売方式と価格を入力

step 4:
selling and shipping
発送方法を決める

これだけなら、
何かできそうな気がしませんか。

eBayモバイルのコンセプトは
「いつでも、どこでも、eBayに出品できる」

日本からの出品も容易なのか
メルカリに近い感覚でeBayに出品できるのか

時間をつくって、トライしてみようと
思います。

モバイルから出品してます、
というメルマガ読者さんがいらっしゃったら
教えてください。

============================

【お知らせ】

物総研クラブが発足しました。

あらゆる物販にまつわる
コンテンツが増えていくクラブです。

教材や動画だけでなく、
クラブ会員様限定セミナーやイベント等も
順次行われます。

ただいま、初月無料です。
お申込みはコチラから。

よろしくお願いします。

皆さん!事件です!!

こんにちは

桑田です。

 

今日のタイトルは

どきっとするどころか

リアルにあった事件を書きます。

 

すでに船原さんがメルマガで

書いてしまったので

知っている人も多いと多いと思います。

船原さんがこの記事を解禁したので

私も書かせてもらいます。

 

なんと!

弊社が貸し倒れにあいました。。

 

私はBtoC(小売)とBtoB(卸売)

両方兼任していますが

過去のいろいろな経験をもとに

BtoBお売り上げノウハウや

危機回避ノウハウなどを会社に提供してきました。

 

しかし、

今回はやられました。

 

桑田は7年くらい前にも

800万円という金額を

倒産という形で貸し倒れに会いました。

 

貸し倒れというのは、

弊社が販売する相手会社に対して

売掛け金があるので

お金を貸していることと同じです。

月末締め翌月払い

よく聞きますね。

要するに

商品を先に収めて

代金回収は最長60日後

ということです。

 

以前の800万円は

売掛け金400万円

先納品商品代金400万円

合計800万円でした。

 

納品した商品は帰ってきません。。。

 

お金もらっていないから

商品は返してもらったらええやん!

 

って思うでしょうが、

この場合、まず帰ってきません。

 

なぜかというと

倒産後は担当者や社長とは

話は出来ません。

 

また、

その会社に乗り込んで

倉庫に押し入って

商品の回収もしてはいけません。

 

よくテレビなんかで

借金取りが倉庫や工場に押しかけて

「金返せ〜〜!」

「ドロボ〜〜!!」

何て言いながら商品や備品を

無理やり奪って帰って

お金に変える映像を見たことありませんか?

 

これをやると犯罪になるケースがあります。

 

桑田も以前回収できなかった理由は

ここにあります。

 

出来ない理由として

ぶっちゃけ私の場合は

計画倒産に会いました。

 

計画倒産っというのは

聞いたことがあるかもしれませんが

目の当たりにした人は少ないと思います。

 

要するに

計画的に倒産して

合法的に会社の資産や

人員を守るとうものです。

 

「合法的に」と言いますが

どのようにするかというと

破産申立を裁判所に提出するだけです。

しかも計画的になので、

普段会社としては通常営業しています。

 

社長とその側近、

そして弁護士とタッグを組んで

従業員にはバレないように

密かに倒産計画を立てます。

 

従業員は知らないので

私の会社に普通に商品を発注してきます。

もちろん

いつも通りの発注なので

怪しく思わずに納品してしまいます。

 

で、

実際、倒産する日は

水面下で働いていて

従業員が朝会社に出社すると

会社の門の前に

「倒産」

という張り紙がされています。

まぁ、簡単に言うとですが。。。

 

なぜ従業員も知らされていないかというと

従業員が発注先に口を滑らせて

「うち、もうすぐ倒産なんですわ、、、」

って取引先に言われないようにするためです。

 

当然、そのようなことを知っていれば

商品を卸すこともストップしますし

すでにある売掛け金を何としても回収に回ります。

 

しかし、

上層部と弁護士だけで

結託しておけば

情報が漏れることもないし

倒産後には会社幹部には

それなりの資金を残せます。

 

ここで

計画倒産の恐ろしい部分ですが、

前月の売掛け金をポケットに仕舞ったまま

今月の商品も持逃げできる

という仕組みです。

 

要するに、

5月の売掛け金を6月末に支払うとします。

5月に400万円の売掛け金。

6月に400万円分の発注。

 

7月1日に倒産すれば

800万円分支払わない。

という算段です。

 

これが1社ではなく10社あれば

相当やばいですよね?

 

で、上層部の人は

そのお金をポケットに仕舞って

「いろいろお金を工面しましたが最後は力尽きました」

と裁判所に弁明するだけなのですね。

 

では、なぜ私たちが

商品の回収に事前に行けないのか?

倒産した会社の商品であって

自社が販売した商品の代金を

もらえていないので

商品本体を回収に行っては

なぜダメなのか?

 

こちらです。

2016-07-11_20-25-41

こんなのなかなか見ないと思いますので

よく読んでみてください。

 

これは、

今回弊社が被害を受けた会社の

告示書です。

実物です。

 

これが、会社の前に貼っていたらしいです。

 

私たちが先月販売した会社ですが

関東圏では勢いのある小売店でした。

 

実は弊社からも直線で3キロ以内の店舗です。

そこに張り紙されていました。

 

他にもお台場など立地条件のいいところに

出店していました。

 

この内容をよく読むと

「勝手に入って物を持っていくな。

刑法によって罰を与える。

これは事件だ」

という内容です。

 

昔同じ文章が私にも郵便で送られてきましたが、

これは卸先の店舗に貼っていたものそのものです。

 

こうなると

従業員や我々も中には入れません。

 

ハイ

ここで何故このケースが計画倒産と呼ばれるのか?

 

もう分かりますよね?

 

計画的だからですね?

 

どの部分が計画的かというと

内部事情が分からないこちらとしては

担当者との接点が唯一で

会社の内情が火の車なんて知りません。

知りようがないです。

 

有名なショッピングモールに出店していて

顧客ですらそこに気がつきません。

 

で、日付を見て欲しいのですが

平成28年7月1日

売掛け金回収予定の翌日です。

6月末日には振込がないといけません。

 

その翌日に

綺麗に破産〜〜〜

って。。。

というか

破産管財人に任せました

って(オイ!)

 

計画的かどうかの確証はないのですが

誰が見ても。。。

ですよね?

 

良心的で計画的でないのであれば

当社は来月閉店しますので

発注があっても(従業員より)

オーダーを受けないでください。

今までの買掛け金はお支払いします。

 

というのが良心的だと思いますが、

そんなこという企業はないと思います。

 

インターネットが発達して

卸売も足繁く通わずしても

BtoBビジネスもできてしまう時代です。

これはいいのですが、

やはり

倒産するとなると

今までよくしていた付き合いも忘れて

手のひらを返します。

それに気がつかない。。。

 

幸いなことに

売掛け金は今回は

200万円です。

これが幸いではなく

200万円の販売実績の原価ですが、

70万円ほどなはずです。

 

卸売でも

3倍くらいの価格で販売していたので

貸倒金は大きいですが、

実害は70万円くらい。。。

いいのかどうかわかりませんが

被害は最小に食い止めたかと。

 

 

追伸

 

大学卒業後、

3年ほどサラリーマンをしていた時期がありますが

その時の上司の言葉がよみがえります。

 

売るのは営業マン

数字を作るのは営業マン

回収も営業マン。

用事はなくても得意先には足を運べ。

事務員さんとお茶をすれば営業の成績が上がる。

 

う〜〜〜ん

今思えば深い言葉でした。

事務員さんとお茶して夕方までサボって

仕事したふりしてくれって説得して

事務のおばちゃんに可愛がってもらっていました。

その人に色々と愚痴を聞かされて

この会社も大変だなぁ〜

って思っていまいした。

 

今思えば

それも仕事だったのか。。。

内情を見抜くための。

 

 

 

実商品に触れなければわからないこと

こんにちは、小林エリザです。

 

 

週末は近くのデパートに

ブランド商品の価格調査に

行っていました。

 

BUYMAで販売されている商品の

写真と価格、商品詳細を

事前にリストにまとめておくと

商品も覚えられるし

店員さんにも聞きやすくなります。

 

 

実際に店舗へ行って

商品について聞くことは

少し久しぶりで

オーストラリアに住んでいた時に

良く店舗へ行っていたことを

思い出しました。

 

 

改めて思いましたが

日本にあるブランドなら

実際に店舗へ行く事は

かなり大事だなと思いました。

 

 

実際の商品に触れることや

商品の在庫状況

次回入荷について

ケアの仕方

他の国での状況

など

色々と聞くことが出来ました。

 

 

私も含めてですがネットだけで

完結する売買をしていると

商品について知る機会が

かなり少ないなと思います。

 

 

誰かの書いた文章は

探せば読むことが出来るので

なんとなくはイメージ出来るのですが

 

実際に商品を触る事は

たくさんの資料を読むよりも

大事なことだなと

改めて思いました。

 

 

触り心地、匂い

正確なカラー、

生地表面の状態など

実物以外では

知ることが出来ない情報を

キャッチすることが出来ます。

 

 

店員さんからは

貴重なブランド独自の情報が手に入ります。

 

どこどこの店舗限定ですとか

日本の在庫があと僅かですとか

 

聞いているうちに

楽しくなってしまいました。

 

 

その他、

ブランド品販売でなくて

消耗品販売だった場合、

 

1つ実際に自分で使用して

その感想も商品説明に

入れることが出来れば

文章に説得力も上がります。

 

ぜひご自身で商品に触れる機会も

作ってみて下さい♪