次に売れるトレンド商品は◯◯◯に集結していた

 

O !  RA!!!

ファッションバイヤー&ファッション狂の

葉山あおい@散財病 です。

 

 

 

さてさて、

そろそろ春物を売る季節。

 

 

「次に来る最新トレンドアイテムって

どこに行けばわかるのか?」

 

「んでもって、それを

安定して仕入れられるのかーーーーーーー?」

 

ということを思いながら

この前の広州ツアーに参加しておりました。

 

 

 

10月にいった広州レポでもご紹介した

【天馬】という大きなファッション卸売り市場も

旧正月前の在庫一掃大セール中でして

 

人混みで気持ち悪くなるほどの

ワッショイっぷり。

IMG_1046

ここでは店内全品50元(¥900くらい)の

タイムセールをやっていました。

 

ってか手前の女の子かわいかったーーーー!!

 

 

ここ天馬や、近くの白馬という

ファッション卸売り市場は

この場で大量買い付けして、

 

商品をズルズル引きずって持って帰るスタイルが

どうやら主流っぽいですね。

 

 

なので在庫は基本山積みになっていますし、

IMG_1090

「片付けられない女子」の部屋みたいになってます・・・

IMG_1100

 

 

1個だけとかチマチマ買おうもんなら

容赦なく舌打ちされます。

IMG_1015

 

店頭には呼び込みのお姉さん常駐で

キレ気味?で腕を引っ張られて

中に誘導される。

 

 

IMG_1072

葉山@11年前の

ラフォーレ原宿の販売員時代を彷彿とさせる

営業スタイルですな。。

(セールんときこんな感じでした。
 +拡声器持って)

 

 

売っている商品のイメージは

109とかマルイが近い気がします。

 

さらに似てるところで言うと

上野ABAB ≦ 天馬・109・マルイ ≦ ルミネ

ってかんじ。

 

 

定価¥10000以下で売ってそうな

10代向けの服がメイン。

 

日本人が好きそうなKAWAIIデザインも多い。

IMG_1024

 

もちろんweechatを持っているショップは多いので

そこからオーダーはできます。

 

IMG_1054

黒いつば広ハットを被った子たちは

みんなこのショップの店員さん。

 

日本でも今季かなり流行りましたよね。

 

 

 

そのショップが推している商品を

身につけていてマネキン業も兼務。

IMG_1039

ここのお店は冬でも

パステルカラー推しの模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてお次はここ、HUI MEIへ。

IMG_0987

こちらも天馬や白馬と同じく

ビッグなファッション卸売市場です。

 

 

 

 

葉山が思うに、ここHUI MEIが一番

品質と価格のバランスが取れている商品が

多かった。(メンズ商品も)

IMG_0935

葉山も大好きなファー!!!

 

こちらはリアルファーで、50%以上 OFF。

¥10000〜¥50000くらいで上質な

ファーコートが買えるという。

 

 

ただ、仕入れて日本で売る場合、

展示会オーダーのように半年前のオーダーとかではなく

普通に2/15〜春物スタートといった感じなので

ソッコー買い付けに行く必要はあります。

 

 

ただ、よいショップ+工場(持っていることが多い)

を見つけておくと

今後、OEM・オリジナル商品など作りたいときに

よいですよね。

IMG_0953

シューズも上質&トレンディ。

 

IMG_0999

IMG_0936

バッグがオール50元(¥900)セールやってました!

 

 

 

無限にお店がひしめく卸売市場では

 

「よく見るアイテム」

「よく見るデザイン」

=流行る商品 

 

と判断できます。

 

 

今冬で言うなら

ニットアップ、コーディガン、チェスターコート

ワイドパンツ、ガウチョパンツ、ポケットファーコートなど。。

 

 

IMG_1299

葉山的にかなりhitだったのが

このカシミヤ60%の厚手コーディガン

 

こちら1点で260元(¥4680)。

生地がシッカリ且つすべすべで

見た目も高そうに見える。

 

 

 

 

このような激戦区は家賃も高く

生き残りに必死なので「売れる商品」を

どこもいち早く作ってきます。

 

デザインは韓国から来ていて、

作るのは広州というパターンも多いんだそうです。

 

韓国デザインはとても注目されていますしね。

 

 

 

日本にいると、

「アジアのファッション最先端は日本でしょ」と

思ってしまいがちですが

実は韓国・中国の方が先を進んでいたという。。

 

 

ということで、

HUI MEIを見れば

「何が次売れるのか」がわかりますね。

 

IMG_1005

こんなカラフルなファーも!!

 

 

 

 

 

そして卸売り市場から少し離れた、

ホテルに近いところにある路面店でも、

一応服を見てみました。

 

 

「100元」と言われて、

試しに値切ってみたら

案外すんなり80元(¥1440)に

なったブラックのニットアップ(←ニットのセットアップ)。

 

 

やっす!!!!

 

 

でも結構生地も厚くてしっかりしている。

スクリーンショット 2016-01-31 1.59.52

BUYMAでも大人気のこーいうの。

 

 

げ! いいね!いいね!!

 

 

一見トレンディなお店じゃないけど

掘り出しモン多いかも!と興奮。

 

 

がしかし

帰国後、ある1つの重大な問題

直面することになりました。

 

 

 

 

 

・・・・・・・あのニオイ再び。 (絶望

 

 

そうです。

 

 

タオバオでニット買ったとき

味わったあの悪夢の

石油臭です。

 

 

うぉおぉーーーーーーあんなに懲りたのに・・・

嗅ぐの忘れてましたやん・・・

 

 

基本的に

服のニオイが許容範囲内か

逐一確かめるクセはついたものの、

 

 

この時は安さと値切りに

気を取られていた。。。。

 

これには葉山も悔しさがありあまる。

 

というか全部クンクンしてらんないよね・・・・

 

 

 

またもやニットのニオイに泣く

葉山あおいでした。(トラウマ)

 

 

 

みなさん、中国商品(特に安いやつ)は

ニオイまじでチェックしたほうがいいですよ。

 

何気に強烈な石油臭もしくは

ナゾに酸っぱいことがあるんで。

 

 

 

 

 

 

 

そして、100元(¥1800)で買ってみた

ブラックスキニー。

 

その場で試着はできなかったので

帰国していざTRY。

 

ニオイ、セーフ。よかった・・・

 

 

 

足を通す。

 

 

 

「うーーーーんちょっとキツイけど頑張って

上まで上げるぜ!!

お尻も入ったからあとはウエスト留め・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

IMG_1399

 

ボタンホール was  not  open.


「いや、エアボタンホールみたいのまでは
作ってるんだから
最後まで頑張って穴開けようよ!」

って言いたいですマジで。

ボタン穴、未開。

これも中国服のアルアルらしいです。

また1つ、

勉強になりましたハイ。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこんな春節ファッションも

さりげなく推されてました。

IMG_1284

これなら迷子にならなくて済みそうだね\(^o^)/

 

 

 

 

 

事務局からのレシート提出依頼多発!?

 

前回は購入期限までご説明しました。

今日は、買付け地の設定からスタートです。

 

【買付け地】とは?

スクリーンショット 2016-01-29 18.23.43

商品を買い付ける場所のことです。

その商品がイタリアブランドだとしても

買い付けるショップがスペインにあれば

買付け地をスペインとしてください。

 

まれに、レシート提出を求められることがありますので

正しい買付け地を記載してください。

IMG_20160129_182616

万が一買い付け先に在庫がない場合は

他の買い付け先も探す必要があります。

その際に買付け地が変更になったとしても

お客様に連絡する必要はありませんが、

事務局から問い合わせがあった場合には

変更後の買付け地と

レシートを提出してください。

 

BUYMAに登録したての頃は、

事務局より問い合わせがあることが多いです。

 

それは、偽物の取り扱いがないかなど

確認をするためだったりします。

事務局から連絡が来た時には

丁寧に対応をしてください。

 

また、無在庫で出品の場合に

買い付けていないので

そもそもレシートはありません。

 

その際には、買い付け予定の

海外WebsiteのURLを提出することになります。

 

BUYMA事務局はトラブルがあった際や、

わからないことがあった時に

意外と相談にのってくれますよ!

 

 

【ショップ名(任意)】とは?

 

こちらは任意ですので、

入力の必要はありませんが、

例えば「プラダ本店」など

直営店からの買い付けであれば

入力をした方が、信頼感もUPするので

購買に繋がる可能性もあります。

 

【発送地】とは?

 

商品をお客様へ発送する場所です。

ご自宅から発送されるのであれば

ご自宅の都道府県を入力してください。

 

あまり問題になることはないですが、

万が一発送地が変更になる場合には

お客様へお知らせした方が親切です。

 

お客様は少しの事で不安になってしまいます。

1日連絡がないだけで

不安になる方もいらっしゃいます。

 

評価にも響いてくる可能性がありますので

変更点があれば必ず連絡してください。

 

【配送について】

 

商品は、注文から18日以内に発送してください。

例えば、海外から買い付けをして

ご自身の手元に商品が到着するまでに

16日かかった場合、

残り2日の間で発送することが

可能であれば問題ないのですが、

 

注文から18日以内に発送できない場合、

購入者に連絡の上で、

発送期限の延長申請を行ってください。

 

延長申請を行わない場合、

または購入者が拒否した場合、

取引は発送期限後に

自動的にキャンセルとなります。

 

また、発送通知は、

お客様に発送した後に行ってください。

発送してもいないのに発送する予定だからと

発送通知を事前に行ったり、

海外買付け先から発送された時に

発送通知を行うことは禁止されていますので

ご注意ください。

 

今日はここまでです^-^

次回は商品のタグについてご説明します!

ヘルス&ビューティーの出品許可申請について

こんばんは。

国内転売担当の朝野です。

 

 

リサーチしていて

「この商品めっちゃいいじゃん!」

って思ってもヘルス&ビューティーの

出品許可とってないから仕入れることが

できないなんてことありますよね。

 

 

そもそも出品許可って?

 

 

Amazonでは出品するには

出品申請して許可を得ないと

販売できないカテゴリーがあります。

 

 

・服&ファッション小物

・シューズ&バッグ

・時計

・ペット用品

・ジュエリー

・ヘルス&ビューティー

・食品&飲料

・コスメ

・Amazon限定商品 開発・販売ガイドライン

 

 

意外とありますよね〜。

 

 

ファッション、時計、ペットは

今は比較的かんたんに許可がおりますね。

本当にめちゃめちゃかんたんです!!

 

 

まだ申請していない方は

今のうちにしておくことをお勧めします。

 

 

出品しなくても今後何があるかわからないので

許可が下りるうちに申請しておいたほうが

絶対にいいです。

 

 

上記であげた申請必要カテゴリーの中でも

最近鬼門とされているのが

「ヘルス&ビューティー」です。

 

 

このカテゴリーは申請に仕入れ商品

4点分の納品書が必要になってきます。

 

 

少し前は「3点以上可」だったんですが

いつの間にか「3点以下不可」になっていました。

 

 

い・つ・の・ま・に!

 

 

この事実は今週知りました。

僕も驚きです!

3点以上とお伝えした方々

申し訳ございませんでした。

 

 

話は戻りますがこの納品書が

申請者を悩ませる種にも

なっているみたいですね。

 

 

なぜかというと少し前まではレシートでも

審査対象になりました。

つまり日用品の売っているところで

お買い物してそのレシートを申請の時に

提出するだけです。

 

 

めちゃめちゃかんたんですよね!

 

 

「この時に申請しておけばよかった!」

と今更ながらに思っている方も多いかもしれません。

 

 

今はレシートは審査対象外となっています。

さらにオンラインで購入した商品の納品書も

審査対象外になっています。

 

 

朝野「HAHAHA!じゃあもう無理じゃん!」

 

 

そうです!もう無理なんです!

というのは冗談です。笑

 

 

「諦めないで!(真矢みき風に)」

 

 

 

納品書を発行してくれる実店舗を探して

そこでカテゴリー対象商品を4点購入すれば

いけることもあるみたいです。

 

 

ヘルス&ビューティーなので

シャンプーとかですね。

 

 

許可をもらうためだけに仕入れたものなので

別に販売しなくても構いません。

 

 

もし審査が通らなかったら仕入れた商品が

無駄になってしまうので自分で使用できる

シャンプーなどを申請用に購入するのがいいですね。

 

 

ホームセンター、オンラインショップを経営している

ドラッグストア、業務用の商品が置いてあるお店などが

納品書を発行してくれそうですね。

 

 

納品書を発行してもらえるか聞いた後に

購入すればリスクはありませんよね。

 

 

ただもし納品書を発行して貰えても

申請が通り、許可が下りるとは限りません。

 

 

ここの判断はAmazonになるので

なんとも言えませんが、

やってみないとわからないので

もしまだカテゴリー許可申請

されていない方はしてみてください。

 

 

一度許可が下りると審査をもう無いので

この方法は僕自身試していません。

 

 

もしこの方法で許可おりたという方がいれば

お話をお聞かせいただけると幸いです。

 

 

僕も一応友達のアカウントで

試してみたいと思います。

結果などまたお話しますね!

 

 

以前は納品書がない場合という選択欄があり

納品書がなくても申請はできましたが

現在は納品書がないと申請自体が

できないのでなかなか厳しくなってきてますね。

 

 

申請は「JANコードがあるか」、「並行輸入品か」、

「すべて新品か」などかんたんな質問の後に

提出画像の条件を確認し、画像を貼り付けて終了です。

※ヘルス&ビューティーは納品書の提出が必要です。

 

 

 

 

基本的にこの時に貼り付ける画像は

商品ページの画像URLをコピーして

ペースとすればOKですが、

画像条件の中に最長辺が500ピクセル必要となっています。

 

 

Amazonの画像でも500ピクセル無い画像もあるので

その場合はグーグルなどで画像検索すると

白抜きの画像が出てくるのでその中でも

大きめの画像をペイントなどで編集すれば

審査対象画像として提出することができます。

 

 

白抜き画像で500ピクセルあるなら

編集する必要はありません。

 

 

ちなみに僕はグーグルで検索して出てきた画像が

300ピクセルしかなかったのでペイントで

ピクセルを300→500に編集した画像で許可がおりました。

その時はペット用品でしたけどね。

 

 

深夜に申請して朝には許可がおりました。

面倒なイメージの許可申請ですが

意外とすぐに終わります。

 

 

審査がいつ厳しくなるかわからないので

早めに済ませておきましょう。

 

 

ではでは!

 

朝野

稼げる人と稼げない人の【差】

皆さん、こんにちは。

物販総合研究所で中国輸入を担当してる、橘と申します。

12月から
中国輸入スクールをやらせていただいておりまして、
スクール生の中で、
素早いスピードで利益を得ようとしています。
間違いなく利益は出るので、
あとは入金されるのを待つのみですね。

 

 

同じ知識を共有して、
同じ環境で頑張っていても、
「稼げる人」と
「稼げていない人」が生まれてしまうわけです。

 

 

僕がそう思った経緯を少し話したいのですが、
ちょっとだけ時間を頂けますか?

 

 

今、この中国輸入メルマガを読んでくれているあたな。
中国輸入ビジネスやなんらかのビジネスをしていると思います。

 

 

中国から仕入れて日本で販売する。
同じ環境で、
同じゴールに向かって頑張っているわけじゃないですか。

 

 

それなのに。

 

月収100万円を突破する人もいれば、
月収0万円の方もいると思います。
ネガティブな意見だけをいう人もいる。

 

 

結構不思議じゃないですか?

 

 

これだけ差が生まれてしまいます。
同じ場所、同じ武器を持っていても、
直ぐに稼いじゃう人もいれば稼げない人もいる。

 

 

更には、ネガティブな事ばかり言う方もいるのです。

 

 

いや、皆さんがどう思うかは知りませんが、
橘にとっては超・超不思議なんですよ。

 

 

しかし、稼いでいるスクール生と話すことで、
僕はこの差を生む原因を完全に理解することができました。

 

 

やっぱり、成功法則はシンプルだ。

 

 

僕は再び確信することができましたね。

 

 

やっぱり、シンプル!

 

 

今日は、
僕が思う結果を分ける【差】を生んでいる理由を
お話していこうと思います。

 

 

この話、「裏ワザ」を探したいような方は
受け入れたくはない話かもしれません。

 

 

そんな方はこのメルマガを読んでいる方には
いないとは思うのですが、

 

 

「これ、俺(私)のことじゃないか?」

 

 

と思ってしまったら、
すぐに裏ワザを探すことはやめて下さいね。

 

 

ただ、それだけでいいです。

 

 

その後しっかりと当たり前のことをコツコツやっていけば
自然に成功していますよ。

 

 

稼いてる人は努力しています。

 

 

麻薬が人を救わないように、
裏ワザも一時的な偽物の結果に過ぎず、
決してあなたを救うことはないのです。

 

 

「あー俺には関係ないや」って今思った
あなた!!!

 

 

本当にひとごとではありませんよ。
裏ワザは、あなたを救うことはありません。
弱い人ほど、目の前の大事なことを無視して
楽で簡単な道を探すのです。

 

 

試合に勝ちたいけど、勝てる自信がないから
ドーピングをして強い自分に見せるんです。

 

 

それはあまりにも、もろい。

 

 

ビジネスマンでも口だけうまい人は
たくさんいます。

 

 

しかし、結局中身がなければ信頼は生まれませんよね。
それと一緒です。

 

 

裏ワザは、あなたを強く見せて、あなたのためになりません。

 

 

今よりもっといいリサーチ方法はないか?
などと、求める前に、
今のやり方を試行錯誤した方が良いと思います。

 

 

稼ぐ人と稼げていない差を生むものは
テクニック(裏ワザ)の差ではないってことです。

 

 

ノウハウとかテクニックとかではないんです。
もっともっと当たり前なことです。

 

 

一体、稼げる人と稼げない人の【差】を
生んでいるものって何なのでしょうか?

 

 

分かる方、いらっしゃいますか?

 

 

感想お待ちしております。

 

 

次のシーズンの仕込みはしていますか?

みなさん、こんにちは。

中国輸入を担当している、橘と申します。

 

広州から戻って、まだ日本の気温に慣れない橘です。

羽田空港から出た時、極寒の一言でした。

 

 

ちょっと前に暖冬の日本で、

ダウン、コートなどの防寒衣料の販売が不振でしたが、

2月末まで冷え込むみたいなので、

冬商材はまだまだ伸びがあるじゃないですかね。

 

って言いながらも、

そろそろ春夏商品を仕込まないといけません。

実は今からの仕込みはちょっと遅めのスタートになるんです。

 

 

OEM商品の場合、今からオーダーすると、

中国は2月中旬から店や工場が稼働し始めますので、

早ければ2月末、通常なら3月中旬、

遅い場合は3月下旬の発送になるでしょう。

 

3月下旬って遅くないですか?

と疑問に思うかもしれませんが、

春・夏商品に関して、

オーダーはだいたい1月にかけることが多いです。

 

そのあとにオーダーをかけると、

メーカーも材料などを用意しないといけないので、

その分時間がかかるのと、

注文したオーダーも後回しにされてしまいます。

 

 

ちなみに橘と桑田も現在、次のシーズンに向け、

OEM商品を何点か作っていて、

今のところ、

2月下旬にメーカーから出荷して、

3月上旬に日本に到着する予定です。

 

 

ただ、これはあくまで予定でして、

トラブったりすると、

より納期がかかってしまうケースがありますので、

なるべく早めのオーダーがお勧めしますね。

 

 

つい先日、

初仕入れの商品を中国倉庫に納品された時に、

電気関係の商品でしたので、

商品の電源アダプターをチェックしたところ、

プラグがヨーロッパ式の商品を送られてきました。

 

発注したスタッフのミスかなって思っていたら、

日本仕様のプラグを注文したところ、

メーカーが間違えて発送したとのことでした。

 

 

中国輸入をある程度経験している人だと、

こういうことあるあるって思うかもしれませんが、

初心者だと、

日本常識で考えてしまうので、

ありえないって思ってしまいますよね。

 

 

なぜこういうことを話すかというと、

OEM商品を作る時、

商品が完成しても、

何かまたトラブルかわからないので、

中国側で徹底的に検品する必要があります。

 

 

問題点のある商品を日本まで持ってくると、

また送り返したりしないといけませんので、

時間がよりかかってしまいます。

 

 

特に中国において、

商品がしばらく到着して、問題点が出てきた時、

対応してくれないメーカーもいるので、

解決できることは

なるべく早い段階で解決したほうがいいですよね。

中国側で解決して、

なるべく問題点がない状態で、

仕入れた商品を日本に到着させとく。

 

 

これも、中国倉庫の検品スタッフの質が求められます。

検品せずに、

そのまま日本に送ってもらうビジネスプレイヤーもいますが、

確かに検品代は省けて、

コスト削減できますが、

トラブルが起こった時は泣き寝入りしかできませんよね。

 

 

ちなみに弊社の商品は全てリードエクスプレスの検品スタッフに任せて、

検品をしてもらっています。

検品後日本に送ってもらっていますので、

その分、トラブルはほとんどない状態です。

検品は必ずしてもらいましょう。

 

代行業者リードエクスプレス 

 

不良品や商品トラブルを日本で、

全部自分で対応するのか、

あるいは、

不良品や商品トラブルを

最小限に代行業者に抑えてもらって、

日本のマーケットで販売するのか、

絶対後者の方が楽ですよね。

 

 

商品の質が上がれば、

購入者も良いレビュー書いてくれますので、

アカウントも確実に良いアカウントに育てられます。

 

 

楽天も店舗レビューに対して、

かなり厳しくなっていまして、

お店のレビュー評価が3点代の場合、

いつ店閉められてもおかしくない状態ですね。

 

 

最近だとレビューが1の場合、

楽天から『レビューの内容について、どうされましたか?』と

すぐ電話がかかってきます。

 

これも三木谷さんの指示で、

お客様を大事にするために、

楽天全体が動いております。

 

 

中国輸入ビジネスはただの転売屋ではなく、

立派なビジネスモデルです。

 

一発屋になるより、

安定して、長く稼いた方が絶対にいいです。

 

 

今年一年はどういう進歩かもう決まっているかと思いますので、

一緒に中国輸入ビジネスで稼いでいきましょう。

 

 

 

PS

現段階では、

中国国内の物流が半分以上ストップしていて、

リードエクスプレスの国際運送最終締め切り日が

2月2日(午前中)になります。

 

 

タオバオ・アリババの商品発送地が広東省近辺なら、

国内の物流日数が1-3日を目安として、

1月29日までに

オーダーしてもギリ2月2日(午前中)に

間に合うかもしれません。

 

なるべく早めのオーダーでお願いします。

 

 

タオバオ・アリババの店はオープンしており、

各店舗に対してのオーダーは受付しております。

リードエクスプレスの商品の付け締め日は

2月4日までですので、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

輸出ビジネスの外注化について

こんにちは。
輸出担当の戸部です。

 

物販で最初に手離れしやすい業務は、
輸出に限らず、梱包発送です。

 

当社にはテラロジという
発行代行サービスがありますので、
単品の海外発送や
FBA倉庫への納品はテラロジ側に
依頼しています。

 

eBayで売るコレクター品や
詳細な写真を撮りたいモノは
手元に商品を置くこともありますが、
他は全てテラロジから海外に発送しています。

 

テラロジは
まだ輸出を一般開放しておりませんが、
今年のどこかのタイミングで
利用開始できるように準備中です。

 

梱包発送の他には、
eBayの出品作業を海外在住の日本人の方に
依頼しています。

 

人材は、クラウドワークスというサイトで
探したのですが
タイミングよく、eBay経験者で
数カ国語が堪能という、
よい人材が見つかりました。

 

在宅スタッフとのやりとりは、
チャットワーク
スカイプ
googleスプレッドシート
Dropbox
などを利用すれば、
場所を問わず一緒に仕事を進められます。

 

クラウドワークスの他にも、
ランサーズ、シュフティ、ジョブハブなど
ネット上で求人できるサイトがあり、
在宅でできる仕事を探している方は
多数いらっしゃいます。

 

出品作業以外にも
ロゴ作成をコンペ式で募集したり、
画像加工を依頼する
といったことも可能ですので、
時間や人手が足りない方は
まず単発の仕事を何か依頼してみると
委託の流れがわかるかと思います。

 

尚、外部からのログインは
eBay直接ではなく、
出品ツールから発行した専用IDを使って
ログインしてもらっています。

 

そして輸出の場合、
日本語を使わずに
英語がわかればできる業務もあります。

 

1件数円程で、より安く外注化したいときは
海外SOHOさんに依頼するのも手です。

 

Odesk(upwork)というサイトで
海外SOHOさんの募集ができるのですが、
最初に依頼しやすいのは
eBayで過去に売れた実績がある商品を
探してもらうことです。

 

求人を出すと、
フィリピンやバングラデシュなどから
応募が来ます。

 

人別に、PCや語学スキルが掲載されていますので
応募があった時点で
ある程度絞り込むのもよいですし、
人件費が安いので、まず応募者全員に
同じ業務を依頼してみて
仕事ができる人、納期を守る人を残す
という方法も取れます。

 

海外SOHOさんに仕事を依頼する場合、
マニュアルは英語で作る必要がありますが
画面のキャプチャに
短い英文の箇条書きでも十分伝わります。

 

彼らの中には、
物販に使われている日本製のツールを
把握している人もいるので、
ツール名を求人サイトに記載しておくと
経験者が集まることもあります。

 

外注化の敷居はさほど高くないですし、
マニュアルも完璧でなくても構わないので
外注化してみたい方は
求人を出してからマニュアル作るくらいの
段取りでも間に合いますので、
トライしてみるとよいかと思います。

ネット物販ってどうよ?

おはようございます。

桑田です。

 

私は日頃から

中国輸入からのアマゾン 楽天 ヤフオクなどで

売り上げ 利益を作っています。

 

初心者さんからよく言われるのは

どこから手をつけたらいいのか?

何を売ればいいのか?

何が売れますか?

売れる商品が見つかりません。

です。

 

確かに私自身も

あなたが初心者さんであって

私も同じ状況なら

同じことを言っていたかもしれません。

 

ネット物販を始めた時は

当然私も初心者です。

何もわから似状況で

パソコンの使い方も怪しかったですww

 

人差し指でキーボードを叩き

中国のサイトにアクセスはできますが

翻訳機能などなく

今でいうタオバオ アリババのサイトも

当時は出来たばかりで

かなり見にくく

海外サイトなので速度も遅くて

イライラ

でした。

 

しかし、どうしても

中国から欲しい商品がありました。

 

特に転売用ということではなく

自分用に欲しかったのですね。

 

それをなんとか欲しいので

当時、アリババでは

アリババジャパンというものがあるのを知って

そこから問い合わせを日本語でできました。

 

どのようにすたかというと、

に日本語でメール文章を書いて

その下に下手くそな英文も書きました。

 

御社の商品がきになるので

まずはサンプルから発注したい。

みたいな。

で、自分のSkypeアドレスも書いて

直接連絡ください。って感じですね。

 

すると、

意外とSkypeに新規登録が来て

いざドキドキしながら

英語で話しかけると

日本語でOKですよ〜

みたいな文章が来ました。

 

当時は日本のマーケットは強くて

中国のメーカーさんには

日本人担当者で日本語ができる

営業さんがほとんどの会社にいてましたね。

なので、

意外と日本にいながら英語も中国語も

必要なかったです。

 

今では日本語ができる

日本担当を置いている会社は

本当に少なくなりました。

 

なので、

当時は日本語でSkypeで

商談を進めて

自分の欲しい商品を

自分用に購入していました。

 

で、ある日

この商品はヤフオクで売れば???

と気がついてヤフオクで売ってみました。

 

当時150万円分仕入れで

ヤフオクで1ヶ月後には

500万円に変わっていました。

 

そこからネット物販に目覚めたんですが

当時かなりボロ儲けでしたね。

遅れバブルがやってきました。

 

しかし、今ではもう無理なのか?

ということですが、

当時を思い浮かべると

今は中国のサイトを見ても

GoogleChromeを使えば

自動翻訳もしてくれて

QQという中国の

チャットアプリを使えば

会話も翻訳してくれます。

 

また、便利な

仕入れ代行会社も存在します。

なので、中国人と交渉してくれて

こちらは中国語が必要ない。

 

さらにアマゾンがあるので

売ってみたい商品は

アマゾンランキングとモノレートを使い

KEEPAも駆使すれば月間どのくらいの数量が売れているのか

が、一目瞭然なので

今月は何個仕入れればいいかすぐにわかるんですよね。

 

昔に比べてとても

稼ぎやすくなっています。

 

でも、

飽和したとか

稼げないとか

売れないとか

というのは

ライバルに勝てないからだと思うんです。

 

当然ライバルもこのやりやすい環境を享受しているので

売っているライバル以上のことをしなければ

勝てないんですね。

 

7年くらい前は

アマゾンがなかったので

ヤフオクが今のアマゾンのように

ライバルがぎっしりで

みんなでライバルの潰し合いのようなことがありました。

 

しかし、アマゾンのように

相乗りがなく

自分でページを作って

いい写真撮って

商品説明文で勝負する

みたいな感じで

その当時に鍛えられた私は

今の相乗りってライバルが増えて

稼ぎにくいけど

本当に商品の出品が楽で

いいと思いますね〜

 

なので

いつの時代でも

どうやって今の現状を克服していくか

これに尽きるんだと思いますね。

 

克服の仕方ですが、

やはり最新の情報を仕入れていくことです。

 

昔、

私がアリババを知らなければ

中国まで旅費を払って渡航し

闇雲に町中回って

何も発見できず

時間とお金を無駄にしたかもしれません。

 

でも、

アリババを知っていたので

簡単に自宅にいながら稼げたんですね。

 

販売先も

お店を開くのではなく

ヤフオクを知っていたんで

中国商品をヤフオクに出してみる

という、

当時あまりライバルがいなかったので

簡単に稼げたんですね。

 

考え方の問題で

まだまだ中国仕入れで

ネット物販は利益が出せます。

 

要するに

どうすれば稼げるかを

絶えず考えればいいということです。

 

決して

楽をしようとは思わないことです。

 

楽して稼ぐを

先に持ってくれば

いつまでも稼げないのです。

この辺りは話し出すと長くなるので

別の機会ですが、

楽をして稼ぐを先に持ってくると

今は簡単に稼げても

そのあと全く続かないです。

 

最初は多少面倒なことも

慣れると楽になりますし

経験値が上がり

別次元に素早くいけます。

 

中国輸入→ネット物販を

9年くらいやっていますが

一貫してやってきてまして

まだまだ可能性があり

実績を伸ばしているので間違いないです。

 

ちょっと今日は抽象的な話ばかりになったので

この辺りで

 

 

それでは

チャオ!

売り逃し注意!「リクエスト」フォルダをチェックせよ

今日は数量の設定からスタートします。

 

数量の設定とは、商品登録時に

ご自身で設定する在庫数のことです。

 

在庫数と言っても基本的に無在庫ですので

架空の在庫数となります。

 

これが100個とかだと

かなり怪しく見えます。

 

1日に20個売れる商品であれば

特に問題は無いですが、

たまにしか売れない商品だと

ずーっと在庫がたくさんあるように

見えてしまうので

あまりよくありません。

 

色々な意見を聞きますが、

私たちは数量2で設定することを

おすすめしています。

※1日1個くらい売れる商品であれば

在庫数3〜5でもよいです。

 

理由は下記の通りです。

 

ほしいものリストの

アラート通知機能というものがあります。

 

ほしいものを登録をした方に

アラートメールが届きます。

 

アラートが届くタイミングは下記のとおりです。

 

登録した商品の「購入期限」まで

約1日(36時間)と迫った時、

 

登録した商品の数量が

残り1個になった時、

 

購入期限切れや

売り切れになっていた商品が

再入荷された時、

 

気になっていた商品を

タイムリーに購入を検討してもらう事が出来ます。

 

なので、気になる商品があれば

ほしいもの登録してくださいね!と

お客様へのお知らせへ記載するのも

良い販促アイデアです★

 

次は購入期限についてです。

 

購入期限を設定します。

購入期限は、販売が可能な時期の事で、

最大90日後まで設定できます。

 

つまり、3ヶ月間出品し続けるということです。

 

また、購入期限の変更は随時出来ますが、

購入期限が過ぎると、自動的に出品が終了し、

「リクエスト受け付け中」のフォルダに入ります。

また、在庫が0になった場合にも

「リクエスト受け付け中」フォルダに入ります。

 

フォルダに入ったまま放置せず、

常にBUYMAのMy Pageから

「リクエスト受け付け中」フォルダを

チェックしておいてくださいね♪

 

それでは今日はここまで!

広州買い付けツアー・革市場潜入レポ

 

Hello!!!!

ファッションバイヤーのHAYAMAあおいです。

 

 

 

ちょっと前にスマップのニュースで

エライ賑わっていたJAPANですが

葉山も完全にスマップ世代でして

 

というか

JAPAN女子は

一度はジャニーズの誰かに

心奪われた経験があるんじゃないかと思うほどです。

 

 

ちなみに葉山@小学生は

キムタクと森くんで

二股をかけていました。

 

 

 

結婚するなら

キムタクか森くんどっちがいいかと

小学生なりに真面目に悩んでいました。

 

 

なぜかその時代の

「葉山的結婚相手の条件」は

「名前のカッコよさ」を最重要視していて

 

 

「木村あおい」・・・うーん平凡な名前

「森あおい」・・・なんかこっちも田舎っぽい。。(森だから?)

 

なんかもっとこうーー

都会っぽいかっこいい名前のほうがいいわ。

 

ということで

 

 

 

「1番じゃないけど香取くんと

 結ばれるとするか・・・(溜め息」

 

と、謎の 上から目線で

切ない想いを巡らしていたものです。

 

 

 

 

話は変わりますが、

前回の広州レポート【アクセ・雑貨編】

お読みいただけましたか〜?

 

 

 

今回はdeep広州レポートの

【革市場編】をお届けしますで。

 

 

革製品といっても結構色々ですが

★バッグ

★シューズ

★小物(ベルト、財布とか)

★コート、ジャケット

・・・こんな所がメインですかね。

 

 

広州の街中を歩いていると

IMG_1010

 

「今さっき剥いで来ました!!」と言わんばかりの

リアルな革も売られています。

 

なんちゅーワイルドさ。。

IMG_0967

 

 

そして

主に革のバッグがたくさん揃っている

GUANGZHOU  BAIYUN

WORLD  LEATHER TRADING CENTRE 

(革市場) へ。

 

IMG_1267

ここもかなり大きなビルで、

同じようなレザーバッグ屋さんがひしめいています。

 

 

 

本当にたくさんあって

マジ迷路なので

気になったお店があったら

 

ショップの番号を控えたり

名刺(WEECHATも)をもらっておかないと

 

特に方向音痴過ぎる葉山は

一生戻ることができないレベルです。

 

 

 

 

ここは主に何があるのかというと

約7割近くが

ハイブランドに全力でインスパイヤされた

商品たちです。

(というか、◯ピー品)

 

 

 

こんなにも大きなビルに

◯ピー品ショップがひしめいているって

 

日本では考えられないので

色んな意味で結構衝撃的です・・・

IMG_1118

 

ほ?

これは◯◯エですね・・・

 

というか新作ですね・・・・(驚愕

 

 

 

もちろんこれを仕入れて販売などできませんが

一応値段聞いてみました。

 

 

例えば画像左上のブルーっぽいやつが

700元。(¥12600くらい)

 

 

ここは革の質も結構良くて

欲しくなってしまうから困る。。。

でも買わん(T ^ T) くぅぅぅ

 

 

◯ピー品を

もちろん肯定できないですが

ここ広州が【製造の都市】と言われるだけありますわ。。

なんか圧倒されますよホント。

 

 

 

同じものでもショップによって

クオリティも値段も結構違いましたね。

IMG_1110

 

 

 

しかしこの市場でももちろん、

このように

健全なノーブランド・オリジナルブランドも

置いてますのでご安心を!

 

 

IMG_1113

 

 

 

 

・・・・・・

 

・・・えーと今日休みかよ。

 

 

 

でも扉空いてるし

たまたま店員さんご飯休憩かね。

 

 

そう思うかもしれませんが

 

 

 

そうです!

ここは中国。

 

 

いいデザインをオリジナルで出そうもんなら

瞬殺でパクられる可能性大というか

パクられ必至!ということで

 

 

オリジナル商品のショップはこのように

デフォルトでカーテン閉まってるとこ多数。

 

IMG_1113

 

 

 

・・・

 

見えないんすけど。

 

 

 

カーテン「うちの自慢の商品

     見たかったら開けにこいや」

 

ってことで、なんとも入りづらい空気。。

 

 

 

この入りづら過ぎる

カーテンを突破した暁には

素晴らしいショップとの出会いがある

かもしれないということを

 

一応覚えて置いていただけたら

嬉しいです。

 

 

 

 

 

あと、

フェイクレザーのバッグを作っている

ショップもあったりするので

「素材は何?」と忘れずに確認したほうがいいですね。

 

 

 

 

 

そして、

ここでも意外に見かけたのが

「アクセサリーショップ」でした。

 

 

アクセ卸市場の直後にここに来た葉山は

「革市場で売ってる

 ピアスってどんくらいで買えるんだろか?」

 

とふと気になり

いくつかハシゴして値段チェックしてみました。

 

 

 

アクセ卸市場(前回コラムで紹介したやつ)で

だいたい10元(約¥180)前後で

買い付けできた

 

このパールキャッチタイプのピアスが

428_1

 

ここでは安くても

30元(¥540)〜60元(¥1080)くらい。

 

品質はアクセ卸市場と

特に変わらず。

 

ぜ、ぜんぜんチャイますね値段。。

 

 

オンリーワンな

グッドデザイン商品でない限り

革市場でアクセ買わないほうがよいです。

 

 

 

 

 

 

そしてこの日、

意外と盲点だったのが

「一見怪しい路面店」。

IMG_0959

 

ビルの中ではなく路面のお店は

服、小物、アクセ、バッグ、ショッパー専門店、食べ物屋など

 

横並びでも統一感無く

ゴチャゴチャしているように見えるのと

 

 

なんとなく

怪しそう、チープそう、ボッタくられそう・・・という

 

マイナスイメージを

持ってしまっていたんですがね。

 

 

 

たまたまその路面店が並ぶ通りで

車を待っていた時に

 

暇だったので目の前にあった

怪しいバッグ屋さんに

試しに入ってみたんです。

 

 

 

そこは主に

牛革のオリジナルバッグを売っているお店でした。

 

 

デザインもよく見ると結構カッコよく

値段もビル内のお店の半額近く(!)という安さ。

 

 

その安さが怪しくて

「本当に本革なのか?フェイクじゃないのか?」

しつこく聞いてしまったところ

 

 

お兄さんがライターを・・・

 

 

IMG_1264

シュボっ。

 

 

 

?!!

 

「!!なにやってんじゃ!

 大事な商品燃やすでねぇよコラ!!!」

と何故か店側の心配をする私。

 

 

 

が、これは

「本革だから、フェイクレザーみたいに燃えないんだよーーーー^^」

っていう意味だったんですね。

 

IMG_1265

 

ほおぅ。なるほど・・・

というか燃えないんだ。知らなかった。

また1つ勉強になりました。

 

ここのショップも

WEECHATをやっていたのでもちろん交換。

 

 

【路面店=なんか怪しい】

という思い込みは

間違っていたことに気付きました。

 

 

 

ここ広州では

先入観を捨てて色んなお店の商品を

とにかく「手に取って見る」ことが大事なんですね。

 

 

例えそこが

少々入りづらい店であっても。。。

IMG_1113

 

 

 

転売だけで満足していますか?

こんにちは

中国輸入担当の桑田です。

 

今日はあえて、中国輸入担当と書きましたww

 

実はあなたは知っているかもしれませんが

私は中国輸入担当でもありますが、

楽天が販路メインです。

 

なので、楽天担当と書いた方がわかりやすいかもしれません。

 

セミナーではアマゾンのことや楽天 ヤフオクの事も

お話します。

 

しか〜し!!
今日は、あえて中国輸入担当という切り口です。

しかも、わりと挑戦的なタイトルで決めています。

 

セミナーでもコンサルでも個別相談でも

一貫して述べさせていただいていることがありまして

このような書き出しになりました。

 

よく言われることが、

「中国輸入転売は終わってませんか?」

です。

 

私の考えというか

「現状では終わっていません。」

が、結論です。

 

中国輸入が終わっていると思う人の

多くの場合には利益率の低下にあります。

 

利益率が低下する理由としては

ライバルが多いということです。

 

しかも、一定のプラットフォームに集中して

同じ商品を扱う人が多いのですね。

 

 

利益率の低下を訴えて終わったという人の多くが

アマゾンを主体に考えています。

世に言う相乗り出品の飽和状態です。

 

確かに相乗り出品はかなり利益率が低下していて

利益を十分に確保できる商品が数ないと思います。

1個売れても200円〜500円というものが多い感じです。

もしかすれば赤字でなければ在庫を裁けないこともあります。

 

しかし、考え方を変えて

ランキングが高い商品であれば

カートを取れれば1日に数十個売れている商品が多くあります。

しかも中国からそのまま入れてきた商品で

ノーブランドであっても売れています。

 

このような商品であれば

1日20個売れていたとすれば

200円利益が取れている商品ですと

4000円の利益を確保できます。

 

なので、1個200円であっても

大量に仕入れておけば毎日4000円の

利益が転がり込んできますね。

 

ただこれってわりと資金が必要です。

 

1個200円の利益の商品でも

大量に売るためには当然FBAに入れて

最適な金額に設定して売れていくのですが

1日20個売れるとわかっている場合

1か月分を考えれば

600個の仕入れになります。

 

だいたいこのような商品の仕入れ価格は

1000円〜1500円が多いです。

1500円の仕入れが600個だと

1か月分の仕入れ額は90万円になります。

4000円の利益が30日としても

12万円の利益です。

 

この12万円が多いと感じるか

少ないと感じるかは人それぞれではありますが

最終の利益率は13%です。

 

このような事例から

中国輸入は終わったという人が多いような気がします。

 

しかしながら

この利益率をもっと上げていけば

仕入れ金額を下げて利益額を大きくすることができます。

 

それはどうすれば良いかというと

簡単な話で、

新規出品をして相乗りされないようにする。

 

これだけですね。

 

と言ってもピンとこないかもしれませんが

要するに

新規ページを作ればいいだけです。

 

でも、

タオバオなどで仕入れができる商品は

新規ページを作っても

すぐに相乗りされる可能性が高いです。

そうなれば販売価格が低下して

利益率が悪くなります。

 

ではどうするか?

 

オリジナルの商品を作るわけですね。

 

要するにOEM商品です。

 

自分にしかない商品で

新規ページを作る。

こうすれば販売価格も

ある程度守られます。

相乗りをされないので

値下げ合戦に入りません。

 

でも、

新規で商品を作って

すぐに販売に結びつくのか?

という疑問が残ります。

 

これを解決する方法としては

たくさんありますので

今日は1つプレゼントします。

 

一番簡単な方法は

ランキングが高い商品の

類似品をパッケージ変更するとか

日本語説明書をつけて

独自の保障体制をとる。

 

そして新規でページを作成して

ランキングを上げるために

とにかく売りまくるんです。

同等商品の価格より安くして

アマゾンスポンサープロダクト

という広告を使う。

売れていけばランキングが上がり

自然検索でも1ページ目上位に表示されます。

その後やすくした金額を元に戻す。

 

さらに売れていった人に対して

レビューを書いてくださいというお願いをする。

レビューのお願いの仕方ですが

「その後いかがでしょうか?」

とか

「何か不便なことありませんか?」

的な感じで聞きながら

「もしよかったら今後他のお客様のためにもレビューをお願いします」

で締めくくる。

 

このようにまめにレビューをためていけば

ある程度高くても

FBAに入っているし

レビューもあって信頼性がある商品

として売れていきます。

もしかすると

ヒット商品になります。

 

私の場合は、

楽天が主戦場なので

これとは違う戦略ですが

利益率は40〜50%は維持しながら

少数商品で高単価

しかもヒットさせて大量販売

このような売れ方です。

 

要するに

相乗り出品から抜け出して

利益が取れるということです。

 

ここを目指していかなければ

いつまでも低い利益率で

じり貧の戦いを強いられます。

 

それでは次回はもっと

商品を作るコツについて話します〜

 

 

それでは

再見!