桑田が中国輸入バブルでウハウハ⑤相乗りから脱却編

こんにちは

桑田です。

 

さて、アマゾンの相乗り出品から

新規ページ出品をせざるをえなくなった

桑田さんですが

ちょっとハードルが高くなってきました。

 

しかし

新規ページを作成すれば

相乗りはされにくくなり

将来自分でOEMをした時には

独占販売ができると見込んで

仕入れる商品は自分でページを作ろうと考えました。

 

そして

実際に仕入れた商品は

アマゾンのFBA倉庫に入れていますので

仕入れ元のサイトから画像をコピーして

商品ページを作成しました。

 

これで好きなだけページが作れるぞ〜!

って考えていた桑田さんですが

大きな間違いをしています。

 

アマゾンの考え方は1商品1ページで、

同じ商品を売る場合は、

同じページで出品しなければなりません。

いわゆる「相乗り」が基本になっています。

 

アマゾンとしては、同じ用品は複数のページが存在していてはいけないのです。

そこで、アマゾンから「A商品とB商品は同じもの」と

認定されてしまった時に行われる措置が

「ASINの統合(マージ)」です。(以下、マージと言います。)

ものすごく簡単に言うと

「AとBは同じ商品だから、ページを一緒にしちゃうね!」

という内容のメールがアマゾンからきます。

冒頭文はこんな内容です。(実際のメールの抜粋)

■ココから
—————————————-
ASINの統合(マージ)に関するご案内

○○様、

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき誠にありがとうございます。
さて、○○様が出品されている一部商品の
ASINが 20XX/–/** 付で別のASINに統合(マージ)されましたことをご案内いたします。

統合された対象ASINの一覧はこちらからご確認ください。

SKU 統合先ASIN 統合されたASIN
XXX   B000000000 B1111111111

以下Q&Aに続く

—————————————-
■ここまで

 

ノーブランド的な

中国商品でも

このようなことになります。

 

このマージですが、「ASINの統合」という通り、

複数のASINがひとつのASINに統合されてしまいます。

この時に、

FBAに在庫があっても関係ありません。

新しいASINの在庫として強制的に再設定されてしまいます。

マージをされた場合には、

出品者側で何かすることはありません。

というよりも、強制的なのでどうすることもできません。

 

この情報は

アマゾンのセラーセントラルにも

規約として掲載されています。

 

これに桑田さんは気がつきました。

規約はしっかり読まなければ〜〜

ですね。

 

さて桑田さんはここで

じゃあパッケージや

タグなどで簡単に独自ブランドのように見せかければ

費用も大してかからないし

紙タグならコストも抑えられる。

 

商品本体に何か加工するなら

大量発注になり

仕入れコストも上がり

リスクも増えるが

紙タグならそれだけを

大量印刷しても

大した金額ではなく

中国の代行会社の方で

商品に取り付けて貰えばいいじゃん。

 

商品にタグが付いている写真を

撮影してもらって

それをアマゾンに掲載すればいいやん〜〜

ということですね。

 

はい。

これでオッケーです。

 

ということで

今日のまとめは

新規ページを作るのはいいのですが

アマゾン的には

同じ用途で同じ商品であれば

型番がなくても

ページを統合

いわゆるマージをされるということです。

 

ちなみに

アマゾンに気がつかれなくても

ライバルセラーに

このASINとこのASINは

まったく同じ商品ですよと

通報されると

アマゾンが目視確認後

マージされます。

 

それでは

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です