外注化の勧め〜利益より時間を取る

こんにちは

桑田です。

 

もうお正月気分も抜けて

仕事モード全開でしょうか?

 

桑田も今年個人的にやりたいことがあり

物総研以外の仕事なので

どこから手をつけようか考えていましたが

結論が出ました。

 

最終的に外注で全てを賄おう

という感じです。

詳しくは、最後で。

 

最近コンサルをしていて思うのですが

アマゾンにしても楽天にしても

自分で商品撮影からページ作成まで

全部やってしまおうという声を聞きます。

 

悪いことではないのですが、

それって儲かるのでしょうか?

 

スタッフがたくさん余っていて

月商1億円狙おうというのであれば

社内で行ってもいいのですが

個人で物販をしていて

発送までこなしている場合は

受注管理 ページ作成 クーレーム処理

と全てするのであれば

一番大事な仕入れや商品開発 リサーチ

この辺りができないと思います。

 

ましてや中国輸入であれば

クレームはつきものなので

相当時間が取られると思います。

 

今扱っている商品が売れまくっていて

毎日、受注確認 メール対応 クレーム処理

などで時間を使い

まぁそれなりにお金が残っていくとは思いますが

その商品が売れなくなった時に

いざ、リサーチや商品開発(OEMふくむ)

をしてももう遅いのです。

 

売れなくなる=入金がない

 

となりますので

そうならないように

前もって準備しておかなければダメです。

 

例えば、今はまだ寒いので

コートやダウンが売れているとしましょう。

しかし、あと2ヶ月もすれば

ゴールデンウイークを見越した夏商品に切り替えていきます。

ですが、

今売れているなんだか忙しいから

リサーチやらページ作成は

シーズンになってからでいいや〜

だと全てがダメになります。

 

この場合は

今売れていてメールの対応は自分でするとして

出荷関係も外部の倉庫に委託しておく(FBAとか)

時間をなるべく作って

春夏のリサーチに時間を作ります。

 

そして商品が見つかればサンプルを取り寄せて

撮影や画像加工 商品ページ作りをします。

ここも時間をかけてしまうと

テスト販売など遅れて、本発注ができなくなります。

 

ですので、

撮影や画像加工などセンスのいる部分は

勉強しても2年はかかりますので

この辺りは特に外注化して効率化を目指したいです。

 

基本的に私の場合は

商品探し(リサーチ)、仕入れのみに専念し

ページ作成も外注化します。

 

外注費については

まちまちなのですが、

最近では、画像加工は1枚百円〜

と安いです。

アマゾンのページ作成であれば

ある程度任せても3000円もだせば

かなりの質で上がってきます。

 

ただし、

外注さんを募集するときは

それなりに募集の文章も考えなければ

集まらないのですが

すでに似たような募集をしている他社さんの文面を

真似するのも一つの時間短縮かと思います。

 

そうすることで

利益を生む仕入れに専念できるという結果になります。

 

◎1月、2月懇親会

ランチ会となります。

会をますごとに参加人数が増えてきました。

講師もフル参加しておりますので

ビジネスの壁を超えて情報交換ができます。

【物総研】ランチ合同懇親会(1月20日)

【物総研】ランチ合同懇親会(2月24日)

 

 

追伸

ネットショップの田辺さんから去年聞いていた手法なんですが、

外注化のその先で、

個人秘書をつけるというのがあります。

秘書・・・響きがいいですね〜

この秘書にとあることをしてもらい

外注化をさらに効率良くしようと目論んでいます。

要するに外注のボスという感じです。

ここもスピーディーに行いたいと思います。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です