儲かるモンクレGET法③

こ ん に ち ワ。

ファッションチームの葉山モンクレです。

※改名しましたー。

 

前回(儲かるモンクレGET法②)のコラム内で

MONCLERの買い付け方法は

主に3つほどあるとお伝えしました。

 

今回は

「②自らヨーロッパへ買い付けに行く」

方法についてお話します。

df46497878578c0a03d05b1034c96136

 

MONCLERはフランス生まれなので

フランスを始め、ユーロ圏内でGETしたいものですよね。

 

 

「現地で自ら買い付けすること」を

なぜオススメするかというと

現地価格で安く買える

VAT還付が受けられる からなんですね。

 

海外旅行でお買い物されたことが

ある方はご存知だと思いますが

この「VAT還付」って結構デカいんですよね。

(タックスリファンド、タックスフリー)

 

例えば、フランスの市場価格は

税込み価格で約20%もの税金がついています。

 

私たち旅行者は決められたルールに従えば

およそ12%ほどの付加価値税(VAT)が戻ってきます。

http://www.tour.ne.jp/blog/global-blue/12120/

 

1050ユーロ(¥141,750)の

HERMINEを買ったら

約¥17000ほど戻って来る計算になります。

 

・・・ってことは

実質¥124750ほどで

GETできたことになりますよね。

 

 

BUYMAで¥15,5000〜¥190,000位で

売られていることを考えると・・・・・・

・・・こりゃ目が血走ってきますね、フンフン!

 

 

 

旅行などでヨーロッパに行くお友達とかいたら

手数料払ってでも

買い付けしてもらうことをオススメします。

 

ちなみに葉山が前回

ミラノの直営店に行った時は

「1人3個」までという購入制限が既にありました。

ここはグループで力を合わせたいところですね。

 

 

ちなみに、以前から

ウザイくらいに力説してますが

「MONCLERの買い付けは9・10月が命」です。

 

それ以降はどこの国の店舗であっても

売れ筋モデルは消えます!

 

ちなみにMONCLERの再入荷のタイミングは

なんと直営店のスタッフですら

直前まで知らされないそうです。

 

 

まさに運試し状態\(^o^)/・・・ではあるんですが

今の時期が勝負なのは間違いなく、

 

ma ji で売り切れ5秒前 の可能性高いです。

 

現地に行ったらなるべく毎日

お店を覗きたいですね★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です