井戸ができました

突然なんですが、
船原は井戸を掘っていました。

本当は橋を作っていたのですが、
そのプロジェクトが政府の干渉で乗り上げてしまい、
かわりに井戸を掘ることになったのです。

し~~~ん

はい、何のことかわからない方も多いと思います。

実は、船原、4年ほど前から寄付活動を継続的に行っていて、
毎月10人の世界中の子どもに5000円ずつ支援しているのです。
(誕生日カードとか届いてかわいいですね)

ワールド・ビジョンという団体を通して行っています。

ワールド・ビジョン

 

こういうことを言うと
「偽善だー!」
と叫ぶ人も多いのですが、
別にそんなことはどうでもよくて、
事実として僕のお陰で10人の子どもたちが育っているということで、
ビジネス頑張ろうという気になります。
(少なくとも偽善とか言ってくる人よりは世界の役に立ってます)

さて、
それ以外に、ちょっと大きめのプロジェクトを支援しようということで、
ワールド・ビジョンの事務局に問い合わせた所、
アフリカのとある国で橋をかけるというプロジェクトがありまして、
そちらのスポンサーになることにしました。

これが3年半くらい前ですね。

しかし・・・
泣けど暮らせど橋はできません。

どうやらそのアフリカの政府が
何らかの干渉をしたらしく
設計段階でプロジェクトが中止してしまったのです。

それが、1年半くらい前です。

「じゃ、どうしようー??」
ということで、
「では、カンボジアで井戸を掘りませんか?」
という提案があり、
「では、カンボジアで井戸を掘りましょう」
ということになって、
カンボジアで井戸を掘ることにしました。

そして、
その井戸がついに完成したということで、
報告のメールを頂きました。

ここまで来るのに3年半かかりましたが、
自分の支援が、
実際に成果物を生み出したということで、
非常に満足しています。

これでまた、ビジネス頑張るぞー!という気持ちになりますね。

ということで、
井戸掘ったったどー報告でした。

はい、正直言います。

このプロジェクトを支援しようと考えた当時、
僕自身、ビジネスが非常に伸びていて、
お金ががんがん出入りしている時期でした。

この状態って、
本当に怖いのです。

今だったらなんともないと思いますが、
月に1000万円以上の利益が舞い込むこともしばしばでした。

そうなるとどうしたくなるかというと、
なんとかこのお金を
「捨てたい」
と思うようになります。

人間って、面白いですね。

文字通り捨てるわけではなく、
何かに使って、消したいと、
無意識的に思ってしまいます。

そうなると、
ある人はフェラーリを買ったり、
女性(男性)に使ったり、
消費活動に使うこととなります。

ただ、船原自身、
今も当時も、そういうことにはまったく興味もなく、
食事に使うと言っても夜中に食べる冷えたおにぎりより美味しいものを見いだせず、
旅行に行ってみたもののそんなに使うことはできず、
途方に暮れていたわけです。

そこで
「そうだ!寄付しよう!」
ということで、
始まったことです。

当時、この悩みを打ち明けていたY田さんという人に
「あぁ、今、全財産寄付して、
もう一回はじめからビジネスを始めることができたら面白いだろうなー」
と話していたのは、
懐かしい話です。

もう二度と、
まっさらな状態から進撃の巨人を読めないのと同じように
(ハリーポッターでもいいです)
まっさらになって起業は無理なわけです。

あの、最初の時代の、
ものすごく苦しいけど、
充実した時代は二度と味わえないんですよね・

そう考えると、
なんか悲しいのですが、
しかし、その分、
また違ったことをできる環境にあることは確かです。

つまり、何が言いたいのかというと、
ないものねだりということですね(苦笑)

ただ、
今年に入ってから、
あの起業当初のような気持ちで
ビジネスに向き合うことができています。

稼げているかどうかと聞かれると、
まだ発展途上な部分はあるのです。

ですが、本格始動3ヶ月目で、
Amazon月商が1000万円を突破したり、
BUYMAが徐々に売れてきたり、
ありえない価格で海外の商品を仕入れる計画ができたり、
楽天で高単価商品がバカスカ売れたり、
試行錯誤をしていると
いろんな面白いことが起こって、
とても楽しいですね。
(その分、大変ですが)

今後は、参加するだけだった展示会に出店しようかなと思ってまして、
8月に1回、
9月に3回、
展示ブースを出します。

いろいろ経験してみて、
またガンガンお金が回るようになればいいなーと、
フレッシュな気持ちで楽しんでます。

あなたもぜひ
ビジネスを楽しんでくださいね。

そして、稼げたら、
井戸でも一緒に掘りましょうねー!

追伸

本当は、
井戸を掘っている期間中にカンボジアに訪問する予定だったのですが、
(そして、自分でも掘る)
妻の妊娠がわかったため
カンボジアのさらに奥地まで行くのはヤバイなということで、
中止になりました。

もうちょっと落ち着いたら、
行ってみようかなと思います。

一緒にいきたい人がいれば、
ご連絡ださい。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です